「この世で出会った動物たちの物語5」11月24日

「鶏男に頼まれて」

 

昔、MSNやヤフーチャットがあったころ、鳥を通してチャット仲間ができた。つまり、日本中の鳥好きと知り合いになって、鳥チャットをしたために、面白い鳥に出会えた。

私が鶏男と呼んでいる人物は、腰痛で苦しんでいた私に自転車をくれた男だけど、彼は日本中から大量の廃棄鶏を集めて飼うのが趣味の男だった。世の中にはいろいろな趣味の人がいるもんだ^^。他人のことは言えた義理ではないけれど。

ある時私が別の関連で一羽のきれいな雄鶏をもらった。種類は知らないけれど、すごくきれいで王様のようだったので、ファラオと名付けた。ファラオは一人だったので、鶏男に、相談したら、彼はめんどりを持って行くから、ひなが生まれたら呉れという。

f:id:naisentaiken:20201124095122j:plain

キラキラした翼の見事なファラオ↑

 

で、私はファラオのところに来た薄茶色のめんどりをパトラと名付けてファラオに嫁入りさせた。パトラはたくさんの子を育て、もう十分放置してもいいかなと思えるある日、鶏男に、持って行ってもらった。別れさせるのはかわいそうだったからファラオも一緒に連れて行ってもらった。

f:id:naisentaiken:20201124101635j:plain

ファラオの嫁パトラ↑

品種は知らない。

f:id:naisentaiken:20201124103503j:plain

3羽生まれた↑

ひなは何でも可愛い。

f:id:naisentaiken:20201124103831j:plain

成長したら、これ二人の子かな、と思うほど違っていたけど、↑

f:id:naisentaiken:20201124103942j:plain

鶏男に引き取られた。↑多分これは鶏男の家の鶏も混じっていると思う。

 

その後、ファラオとパトラのいた部屋に、珍しい客を迎えた。

それもネットの中の鳥好き人間からもらったのだが、金鶏だった。

ゴージャスな鳥!でもこの鳥、野生が残っているのか、あまり人懐こくない。独立独歩の鳥で、きれいだけど、慣れないから外に出すことができない。

将門と名付けた。

f:id:naisentaiken:20201124104220j:plain

f:id:naisentaiken:20201124104322j:plain

尾が長すぎて全体の写真撮るのが難しい。将門のマーちゃん↑

 

実はこの将門も一人じゃかわいそうだから、相手を探し回って連れてきた。私は人間のお見合いに手を貸したことはないけれど、鳥にはよく手を貸した。

 

ところで将門は人間になつかないだけではなくて、二人はなんだか馬があわないのか、はじめあまりうまくいかなかった。もしかしたら愛情表現の仕方が違うのかもしれない。

f:id:naisentaiken:20201124105946j:plain

連れてきた桔梗姫↑

 

f:id:naisentaiken:20201124110153j:plain

なかなかいっしょにならない。将門はうらめしそうだけど。

f:id:naisentaiken:20201124105823j:plain

なんとなく接近↑

此れ野生が残っているのかな、鶏みたいに年中卵を産まない。ある時一つ卵を発見したんだけど、桔梗はまるで、卵を抱く形跡が見えなくて、焦った。そこで、卵を抱き始めた烏骨鶏のロロのお腹にその卵を入れておいた。。。

 


 

「この世で出会った動物たちの物語4」11月23日

「マックとロケ」

その終の棲家として買った現在の家は、田園地帯で農家が多かった。だからあっちでもこっちでも鶏の声が聞こえた。ちょっとうれしくなって、農家の鶏たちの様子を見たくて散歩がてら覗いてみた。そこにいたのが真っ黒な鶏。飼い主に聞いたら「烏骨鶏」だという。飼ったことがないので、欲しくなって有精卵をもらってきた。チャボに抱かせようという魂胆だった。

f:id:naisentaiken:20201123094727j:plain

チャボは雄鶏と一緒に卵を抱いてくれた。

 

チャボはうまく抱いてくれたけれど、孵ったのは1個だけで、しかも雄鶏だった。真っ黒け。

 

実は環境の変化のせいか、エノクが愛したチャボの雄鶏は引っ越し間もなく死んでしまった。それで、成長した烏骨鶏が自分を育てた老チャボに、近くにいる雌鶏だからと言ってやたらに興味を示してきた。

f:id:naisentaiken:20201123094208j:plain

孤独のマック↑

 

エノクがそれを見て「道徳的に」憎み始めたので、私は松戸のペットショップに行って、烏骨鶏の雌を探したところ、1羽見つけて買ってきた。別のめんどりもいたんだけど、うまくいかなかったのかな。相手にされなかったのかもしれない。

f:id:naisentaiken:20201123095201j:plain

プリマスロックです。プリリン、シマリン、ロッキーね^^。↑

 

もちろん孤独だった烏骨鶏は喜んだ。喜んだと言ったって、それがもう、見ていてどうしようもないほど、来たばかりのめんどりの周りをウロチョロした。

 

ところが新しい雌鶏は、ペットショップの大勢の鶏の中でさんざんな目にあったのか、丸くなっていて、他人(他鳥)を見ると立ち上がることもできなかった。

 

でも、うちの雄烏骨鶏はこの新しい雌鶏に対しては紳士だった。周りをぐるぐる回り、傷つけないようにとでも思っているのか、激しいアタックはせずに、優しい声を出して、誘導したり、低い止まり木に止まって呼んでみたり、数日間付きっ切りで新しい雌鶏の世話をした。

 

ある朝、私は動けなかった雌鶏が止まり木に止まって、雄鶏に寄り添っているのを見た。

f:id:naisentaiken:20201123094312j:plain

ちょっと感動したね。で、私はこの新しい夫婦にマックとロケという名前を付けた。雄鶏がマック、雌鶏がロケね。合わせてマックロケ。のちに雌鶏が2羽になり、ロケの名前を分けて、ロロとケケと名付けた。

 

この夫婦はかなり家族を増やした。

f:id:naisentaiken:20201123095548j:plain

抱卵するロケ↑

f:id:naisentaiken:20201123095636j:plain

実はこんなに生んだけど、私たちが食べました。

f:id:naisentaiken:20201123095723j:plain

マックとロケも一緒に抱卵

f:id:naisentaiken:20201123095841j:plain

雌鶏が2羽になったので、ロケの名前を分けてロロとケケ↑

f:id:naisentaiken:20201123100012j:plain

平和なマックの家族、ロロとケケ↑


 

「この世で出会った動物たちの物語3」11月22日

「クジャクの子誕生」

チャボがいつもの通り、卵を抱いていた。その卵が手放したレイとレイナの卵だということを私は知っていた。チャボ以外の鳥は卵を産んでも、はじめから抱こうとせず、数がそろわないと、またはその気にならないと、抱き始めない。

ある時、チャボはレイナが生んで転がっていた卵をくちばしでかき寄せて、自分の胸の下に入れるのを私は見ていた。それが有精卵かどうかということは、私は知らなかったが、そのうちわかるだろう。抱いても抱いても生まれるはずの時期まで卵が生まれないと、親鳥はあきらめて立ってしまうからね。

 

ある朝、チャボが膨らんでいて、そして、こっこっこっこといつもと違う鳴き声でそわそわしているのを見た。お!

 

よくよく見たら、チャボの下でなにかが動いている。ちちちという雛の鳴き声も聞こえた。見てみないと、まだクジャクの子かどうかわからない。

 

それはまさしくクジャクの子だった。私だって初めて見たんだけれど、普通に鶏のひなは、体中羽毛でおおわれていて、翼になるはずのところが丸くて小さい。でも生まれたばかりのひなは翼の部分がしっかりしていた。3羽いる。孔雀の子だあ、と私は歓声を上げた。自分だって初めてだったから。

 

f:id:naisentaiken:20201122080657j:plain

しかもこの3羽のひなは、鶏の子供と違って、はじめから翼のしっかりした雛だったから、驚いたことに、赤ん坊のくせにスイスイ空を飛ぶんだ。親チャボは飛べない。だから親に任せておいたら、どこかにいなくなっても親が助けられないことを心配した私は、寝るときだけチャボに抱かせて、遊ぶときは家に入れて自分のそばに置いた。

f:id:naisentaiken:20201122081027j:plain

クレオとパトラとレイ2世↑

 

それで彼らは家の中で育って、私の後をついて回った。それがあるとき大失敗をした。

私はよく裁縫をしていたのだけど、私が裁縫する傍らで彼らはいろいろなものをつついた。レイ2世と名付けた雛が待ち針をつついていたのを見たので、危ないと思って取ろうとしたら、その子は抵抗して逃げ回り、待ち針を飲み込んでしまった。そうやってせっかく生まれた雛を私は1羽見送ってしまった。

 

それは3羽のうちのたった1羽の雄で、私がレイ2世と名付けた雛だった。

f:id:naisentaiken:20201122081430j:plain

レイ2世の最期↑

 

後の2羽はメスで、クレオとパトラと名付けて育てた。

f:id:naisentaiken:20201122082214j:plain

f:id:naisentaiken:20201122082246j:plain

娘の友達が3羽のクジャクを背中に載せて面白がる風景↑

f:id:naisentaiken:20201122082258j:plain

かなり大きくなった。↑

 

でも、残った2羽はメスだったので、オスのような近所迷惑な声を出さなかったから、ずっと成長するまで一緒に暮らしていた。ただ、1羽はなんだか弱っていて、よくよく見たら、首から血を流していた。獣医を見つけて連れて行ったが、その獣医も孔雀なんか診察したことなくて、一応縫ってはくれたが、手に負えなかったらしくて、回復できず、死んだ。猫にやられたのかどうかわからないけれど、哀れだった。

 

そのうちエノクが定年になり、住んでいた社宅を引き払わねばならなくなって、「チャボや孔雀が住めるような庭のある家」を探し回り、松戸市の郊外のほとんど田園地帯の雑木林の奥に売り出していた中古の家を見つけてそこに移った。変な荷物ばかりだったから、近所の八百屋にトラックを借りて、クジャク1羽をだいて、箱に入れたチャボをのせて、現在の家にやってきてから、小屋を建設した。

f:id:naisentaiken:20201122085516j:plain

孔雀とチャボが住める小屋。↑

 

ただしその家は、人間様にとっては不便な環境の家で、常磐線の駅まで行くバスが1時間に1本しか出ない田園地帯だったから、近くにTXが開通するまでは常磐線の駅まで30分かけて歩いたもんだ。

孔雀のためとはいえ、もの好きにもほどがありますね^^。

f:id:naisentaiken:20201122084045j:plain

これ現在の家。エノクとクレオパトラがハンモックを楽しんでいます。

「この世で出会った動物たちの物語2」11月21日  

 

「私にとっての動物」2

子育てマニアのチャボが育てた鳥たちは、鶏類では、縞々のプリマスロックとか、茶色のコーチンとか、真っ黒な烏骨鶏とか、アヒルとか、孔雀とかで、その中でクジャクは生まれてすぐ雛のくせに飛ぶので、途中から私が引き取って育てたのだけれど、親チャボの10倍以上に成長しても、いつもチャボを親だという気持ちがあって、チャボのいうことはよく聞いて行動していたのが、印象的だった。

f:id:naisentaiken:20201121124016j:plain

「チャビト」(主人の命名。このチャボの雄鶏は「紳士」だと言って主人が最も愛したペット。)

f:id:naisentaiken:20201121132046j:plain

 

f:id:naisentaiken:20201121125734j:plain

孔雀の夫婦、「レイ」と「レイナ」。チャボが育てた。

f:id:naisentaiken:20201121124503j:plain

「アダムとイブ」アヒルの夫婦。
 

実はこのアヒルの夫婦、ちょっと困ったアヒルで、泳がないチャボに育てられたものだから泳げなかった。いくら容器に水をいれて中に入れようとしても、親が入らないから入らない。仕方なくて、最後の手段として、子供のビニールプールに水を満たして、私が水着着て入って、ちゃぽちゃぽやって誘い込んだら、ある時やっと入ってきた。以後自分が泳げるんだと気が付いて、泳ぎ始めたの。大きな池がなかったから、プラスチックの衣装ケースを二つつかって、アヒルの水場を提供した。

 

なんだか私が、アダムとイブの親みたいな気がする。 

 

それからアヒルの食べ物は、鶏とは違うから、昔住んでいた家の近くの公園まで毎朝、毎朝、ミミズを探しにいってアヒルの食料を確保した。私がしゃがみ込んでミミズを集めていると、通りがかりの人が声かけてきた。その人、私が毎朝ミミズをとるたびに近くまでやってきて眺めていたのは気が付いていたけれど、とうとうたまりかねたんだろうね、「そのミミズどうするんですか?」と尋ねてきた。

 

でね、私は主語を省いて、「食べるんです」って言ったらさ、その人言語を失って、生唾飲んで、すっと消えてから、遠くで振り返ってこっちを見てんの。

 

「キチガイに会った」と思ったんだろうね。私は別に自分が食べると言った覚えはないから、どうでもいいけど、それからあのミミズの森には、化け物が出ると思ったのか、あの男、見に来なくなった。

 

でもそのアダムとイブ、変な名前を付けたせいか、ものすごく元気で卵を産みまくって、ダース単位で産むので、近所中に配ったりしていたが、増えてしようがないので、とうとう近所の幼稚園や小学校に寄贈しに行った。

 

そのあひるを受け取って理科の授業に使ったらしい小学校の先生によると、23羽も増えたそうだ。

 

アダムのやつ、孔雀のレイナの上にも飛び乗ったし、私の上にもよく飛び乗ったので、当時小学生だった娘が、「あのアヒル、お母さんにまで。。。」と言っていた。

 

もう!まさかね。

 

f:id:naisentaiken:20201121131232j:plain

孔雀の「レイ」
 

f:id:naisentaiken:20201121135840j:plain

孔雀の「レイナ」

ただ、このクジャクの鳴き声がすごすぎて、近所から苦情が出たので、ある農家に引き取ってもらったのだけど、実はその時レイナの卵をチャボが抱いていた。(^^)

「この世で出会った動物たちの物語」11月20日

 「私にとっての動物」1

 

私が80年近く前に、東京都武蔵野市で生まれた時、自宅には猫とカラスと複数の鶏とその他いろいろの小鳥たちがいた。

 

日米開戦の直前だったから、自宅は当時、作ったころの優雅な面影はなくて、私の記憶している限り、掘りぬいてできた防空壕の穴倉と、自然に生えた草木と、家族が植えた畑の作物ばかりだった。

 

そこに「ペット」がいるというのは不思議なんだけど、とにかく「かん子」と呼ばれるカラスと、猫と鶏がいた。かん子はいつの間にか消えたけど、猫と鶏は何代も代わって、私が35歳で結婚して家からいなくなるまで、彼らはあの家に居続けた。母がなくなるときは、九官鳥がいて、それを兄の一人が引き取ったのを記憶している。

 

子供の時から私たち兄弟は、うずら、スズメ、メジロ、野鳩、ホオジロ、それらすべて自宅の木にかかった巣から落ちてきた幼鳥を育てたものだ。カナリアや文鳥みたいな、店から買ったものもいたけれど、ほとんどが自然の中から拾って育てたものばかり。

 

で、私はそういう環境が身についていて、どこに行っても人間以外の生き物をそばに置いて暮らす癖が消えなかった。

 

エルサルバドルでは鶏を飼っていたな。写真はわずかしか残っていない。娘にせがまれて犬も飼ったけれど、犬との相性は私が欠いていたので、うまくいかなかった。

f:id:naisentaiken:20201120105938j:plain

娘と遊ぶ鶏たち。↑

 

その後エルサルバドルの内戦が激しくなって、日本に難民帰国してから落ち着いた先で飼い始めたのが、チャボ。昔子供のころ飼っていたチャボは体が白くてしっぽが黒の「桂チャボ」と言われる種類だったけれど、帰国後かったのは「碁石チャボ」。とてもかわいかった。

f:id:naisentaiken:20201120110122j:plain

 めんどりが2羽いたのは忘れていた。ひなの色から見るとチャボの子じゃないな。

チャボは何チャボでも子育てが好きで、そばに別の鳥が卵を産もうものなら、くちばしでその卵を自分のお腹の下に潜り込ませて、そだてちゃう。ダチョウがいたら、それも育てるだろう。大きさなんて構っていないから。

 

うちのチャボがそうやって育てた鳥には、自分より大きな鶏をはじめ、アヒルも孔雀も、いて、にぎやかだった。

f:id:naisentaiken:20201120110323j:plain

チャボが育てているアヒル。

f:id:naisentaiken:20201120110917j:plain

f:id:naisentaiken:20201120111025j:plain

孔雀のひな誕生

「ばあさんの自転車奮闘記」11月19日

 「骨粗鬆症と自転車」14

「蓮の池」

「手賀沼」と呼ばれる沼を私は6号線を走っていて我孫子に到着した時、偶然発見したので、「手賀沼」は我孫子市のものと認識していた。そこで「手賀沼」は「日本一汚れた沼」という噂を聞いたんだけど、当時知識がなかった私は「そういう沼」として、その時、その沼には特別印象を受けなかった。きれいな花も発見しなかった。

私が全く別の日に、ある友人に連れられて、ハスの絶景に感嘆した沼は、車だったし、柏方面から行ったのだ。其時、沼の名前を確認せず、ただただハスの光景を楽しんだ。

 

「光景」というよりあれは「絶景」だった。もう、ただ口開けて見事なハスの花を眺めて突っ立っていた。その後、私は自転車で再びその絶景を見に訪れたが、その時も、あれが「日本一汚れた沼」と同じものだとは夢にも思わなかった。

 

ネットで調べると、同じ手賀沼という名前の沼が、我孫子と柏にあるから、その「沼」が続いているのだろう。なんだか、一つは「日本1汚れた沼」で、一つは「ハスの群生地」と言われたので、同じものとは思っていなかった。

http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/bloghakunchu6/p021956.html

 

とにかく、でたらめなのはまるで無目的で突っ走る私の自転車散歩だから、偶然出会った沼の正確な地域の名前もでたらめだ。

 

私が写真に収めた、その「蓮の群生」の写真は以下参照。我孫子柏にまたがるらしい「手賀沼」のハス。

f:id:naisentaiken:20201119090935j:plain

f:id:naisentaiken:20201119090955j:plain

f:id:naisentaiken:20201119091015j:plain

f:id:naisentaiken:20201119091037j:plain

 

以下は感動のあまり私が描いた蓮の絵。完売です。

f:id:naisentaiken:20201119091137j:plain

切り株に描いた蓮の花1

f:id:naisentaiken:20201119091156j:plain

切り株に描いた蓮の花2(光が入ってうまく取れませんでしたが、実物がないので、撮りなおしができません)

f:id:naisentaiken:20201119091214j:plain

ドアノブかけ

f:id:naisentaiken:20201119091235j:plain

「蓮とカエル」:これもドアノブかけです。(完)

 「ばあさんの自転車奮闘記」11月18日

「骨粗鬆症と自転車」13

「カタクリを見に行く」

私が自転車を乗り回していることを知って、ある友人が、カタクリの群生地が案外近くにあるよと教えてくれた。カタクリって、案外知られていない花で、どこにでもあるものではない。それでいそいそと連れて行ってもらった。感動するほどすごい群生地で、目的地には、別にレストランも、何もないので、観光客のような人も来ていない。

ただただ感動して花を眺めた。

f:id:naisentaiken:20201118093444j:plain

それから記憶を頼りに自転車で、一人でカタクリを探しに行った。カタクリって、どこにでもある植物ではないから、群生地は珍しい。なんとそれが松戸市の隣の柏市だったから、乗り回した自転車ですごく簡単に行ける。

それで、また行ってみた。

すごい!の一言に尽きた。

東京都には、友人に連れて行ってもらったカタクリの群生地があるのを知っていたが、ひとりで行けるような場所ではなかった。(https://mizuho.shop-info.com/katakuri/

 

誰でもが好きな時にカタクリを見たがっているわけではないからら、自分で自転車で行ける場所に、発見して嬉しかった。そもそもカタクリってなんだか知らない人がほとんどだ。「カタクリ粉」なら知っているけどね^。あれの花がこんなに素晴らしい花だとは、私だって知っていたわけではない。

あれから殆ど毎年行ってみたが、いつ行っても誰もいない、そこがカタクリの名所だということに興味のある人が、多くはないらしいのが、うれしかった。

f:id:naisentaiken:20201118093743j:plain

f:id:naisentaiken:20201118093806j:plain

f:id:naisentaiken:20201118093830j:plain

f:id:naisentaiken:20201118093858j:plain

実はネット検索でカタクリの苗を買ったことがあるが、うまく根付かなかった。

近くのケーヨーD2でも見つけたけれど、2年間くらい花が咲いただけで、以後消えた。

また探してみようと思う。