As the story teller of the civil war

 

The Reason why I Began to Paint

 

I 'd like to speak about the reason why I became a painter in relation with my experience of the civil war in El Salvador.

 

In 1977, I went to El Salvador and married a Salvadorean whom I met in Japan. I left all that I was doing in Japan. But at that time I had any relationship with "art".

 

I began to work at the cramming school for Japanese children in the capital city. But it happened me not to continue it because of a shocking news.

 

There was an election of the president in March, but it is said that the government won by injustice. And for the result there happened a riot in all the country. It was the prelude of the civil war until 1992. The beginning of so called “civil war” can be said that began in 1979 the year when Nicaragua succeeded to establish the revolutionary government, and was caused by this fact.

 

 The shocking news for me occurred when two Japanese heads of joint companies were kidnapped and found dead.

 

Then 230 Japanese families who were sent by the Japanese companies went back home in one night. It was in just one night!

 

I lost the work which I could just have had, and I lost all the acquaintances from Japan whom I could have just known, and with whom I could speak my own mother tongue Japanese.

 

In 1980 March 24, the Archbishop Oscar Romero was assassinated while he was singing the mourning mass in the chapel of a hospital. It was the super shocking news because he was the only one who could connect the government and the guerrillas. And he was a man who could understand the disaster of the people who were oppressed in their daily life. After that, the civil war was got worse and worse.

 

The situation was horrible not only for the soldiers and guerrillas but for the people in the daily life. We could see some dead bodies everywhere and even the school children were forced to serve for military.  And also they kidnapped those who were working in the street to obligate them for the military service. So there were many people missing and sometimes found dead in the street.

 

My husband was working in the University of El Salvador as a professor. The university was thought as the very center of the guerrillas against the government, because there were many students who criticized the government. Two of the presidents of the University were assassinated one after another, and one day the university got to be occupied by the government soldiers.

 

Some of my husband's colleagues were missing and assassinated, and many of his friends went out the country just as refugees.

 

One day my husband told me that he was nominated as the president of the university. I told him not to accept that. After two presidents were assassinated, the danger could be very realized for him and the family.

 

Then he made up his mind to find some countries to accept us as refugees.

 

In Mexico there were Australian and Canadian offices which would accept refugees from Latin American countries. When my husband's application was almost accepted in the office of Australia, he called me to go there with our daughter.

 

I met a lady in the office, and she was very kind "at first ". She asked me if I could speak English, I told her yes but not perfectly. She asked me to show my passport, and I showed it to her. I thought there was no problem.

 

But when she saw my passport, suddenly she changed her expression so much that I felt something worried.

 

She asked me, "Why don't you go to your own country with your husband? Why do you ask us to help you without asking to your own country?”

 

Before we decided to find the way to Australia, I went to the Japanese embassy in El Salvador to ask the working visa for my husband. But they refused us saying,

 

“ You know Japan is a country for men although it is unfair for the women, it’s true. And we cannot change this fact. If a man is Japanese and his wife is from any country, we can give her a long stay visa, but if a woman is Japanese and her husband is from another country, we cannot give him a long stay visa or working visa. Although the Japanese woman could be a millionaire, this fact cannot be changed. Only when the man could have some special technical ability needed by Japan , we could give him a working visa. “

 This is what they told us. We couldn’t have any kind of hope for Japan when the Japanese consul told us so clearly.

 

For us Australia was the last country to have a hope to live. So I had to tell her honestly that we were refused.

 

Then! The lady began to get angry hitting the desk with her hand standing up.

“I know Japan is a country who shuts the door in front of the refugees who reached at the door begging help for the life. I didn’t know Japan shuts the door even the family of its own citizens. Fucking! Bull shit!”

 

For 8 years I was in El Salvador under the civil war and I didn’t know anything  about my own country, about the world problem, about the problem of so called boat people. I had never got such a negative experience with my passport. I had never imagined my own country could have such a bad reputation. I got surprised and I could not say anything.

 

Then she got a little bit calm down and said. “OK. If You say so, go to the Japanese embassy in Mexico and ask them to write on a sheet the reason why they cannot give  the working visa to your husband, and  show it to us . Then we could listen to you again.”

 

I thought some hope could be left by her words. So I went to the Japanese embassy to say what she told me. I didn’t think anything but getting visa of Australia with my family as any kind of refugee. I didn’t have any kind of feeling against that council of Japan who told me the simple reality. I thought simply that knowing reality we had to be in the start line. All that he told me meant that there was no way to go to Japan if not we exchange the sex. For me it was only the way to beg the representative of Japanese embassy of Mexico write what the Australian lady asked in order to get out El Salvador alive.

 

At that time I could not imagine what that Australian lady said could not be accepted in the name of the dignity of Japan. Because, I did everything not for the dignity of Japan but for the dignity of my family’s life.

 

In the Japanese Embassy, they told me that they couldn’t do that. But they told me, “There is only one thing that you have to do. Write an application for your husband’s working visa, and we can think about it. Don’t decide the conclusion without trying anything. To apply it, you need to find somebody as a guardian in Japan who can look after your family with economical responsibility.”

 

8 years passed from when I got out of my house without getting any response from my family and I couldn’t find any person who could be our guardian in Japan. The word “with economical responsibility” was too heavy for me.

 

 I could not be that kind of guardian for any kind of refugee even I could imagine he could die. How I could ask help what I myself can’t do it!

 

On the way to the hotel, I was thinking and thinking and one moment, I remembered one person. He was the only one with whom I had communicated and given me some response. He was a professor of Chinese literature of my university and was an extraordinary pure man.

 

I asked my husband one thing. “To find such a man that the man of Japanese embassy asked is almost impossible for me now, but if you want to bet on 1 % of possibility , I will try to ask a person who could answer me in 1 % of possibility.”

 

It was really miraculously, that I had his own calling card in my bag, the card with his address and his words on the back, saying “if ever something happens and you need some help, use my name.”

 

I put his name on the application sheet as a guardian in Japan. Later I wrote him about what had happened to us and that we used his name, but that we didn’t mind if he refused us , because then we could try again for the apply the refugee status to Australia .”

 

When we got back to El Salvador to wait the answer of that professor and of the Japanese embassy in Mexico, I got the telephone call from Japan. My professor had accepted to be the guardian of our family and began to find the job for my husband. He had many personal connections in the members of the government, foreign affairs, journalists, and academic world. He called out all of his connections, finally he found a job for my husband.

 

The 1% of chance got realized. We won the bet. In 1984 September, we could start our new life in Japan.

 

When I was thinking about all of these experiences, I wanted to publish some of my essays that I wrote in my diary for 8 years. I have had a habit of writing diary from the age of 8, and especially after when I began to live in the non-Japanese speaking society, I did it because I was afraid that my own mother tongue would be overcome by another language.

 

But to publish essay was too expensive for me who had just begun the new life in Japan. Then I began oil painting to show in art exposition. I had never painted in my life except in class in my school days. But I had some influences of art, because my father who died when I was 8 years old was a painter, and I was brought up in the atmosphere of my father’s art.

 

So I began to paint, and I got the prize in one art exposition of Nika-ten, when I was 50 years old. It was about the lady crying on her dead son. Later I got 3 prizes for the paintings about the civil war. One of those, I donated to the office of the hospital where the archbishop Romero was assassinated in San Salvador.  The title is

 

“One seed of wheat falling”.

These are the photographs of the assassination of Monseñor Romero. They used my painting on the jacket.

f:id:naisentaiken:20210329173449j:plain

f:id:naisentaiken:20210329173523j:plain


 

f:id:naisentaiken:20200722112708j:plainf:id:naisentaiken:20200722112737j:plain

 

いろいろな宗教について(4)

8)「天国と地獄の入場券」 

 イエス様によると、天国に行く入場券をもらえるのは、「私が飢えていた時に食べさせ、のどが渇いたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれたもの」で、地獄に行くのは、(洗礼を受けていても)「私が飢えていた時に食べさせず、のどが渇いたときに飲ませず、旅をしていたときに宿を貸さず、裸のときに着せてくれず、病気のときに見舞ってくれず、牢にいたときに訪ねてくれなかったもの」らしい。

 

 条件に洗礼とか初聖体とか、毎日曜に教会に行くこととか、告解(懺悔)とかいうものが入っていない。

 

 ここでいう「私」というのは、日ごろから「苦しみを受け、差別を受け、空腹に耐え、病み衰え、挙句の果てに罪を犯し、刑罰を受けて牢につながれた」人々らしい。

 

 つまり、経済大国日本の中で、メタボリックを恐れながらも毎日たらふく食べ、のんだくれ、冷暖房完備の部屋の中で、パソコンお宅になって生きる心配もせず、他人の日記に暴言なんかを書き込んだりする「一般の善良な人々」には無関係な人々、町の隙っこにうずくまっているような、あたりに臭気を放って避けたいような、そういう人々のことらしい。

 

 イエス様はそういう人々を「私」という。その「私」を受け入れるものが天国に行き、受け入れないものは地獄行きなんだと^^。困ったね^^

 

 So-calledクリスチャンは、二言目には、イエス様を信じる信じるというけれど、いったい何を信じているのか、私にはわからない。処女マリアから生まれたイエス様か、奇跡を起こすイエス様か、十字架上で死んで3日目によみがえったイエス様か、栄光に包まれ、神の子として「天の玉座」に座っているイエス様か、そんなところだろうか。その「きらきらした世界」に行くためには頭に水をかけられれば良いとか、水をかけられてそういう、「実生活にはどうでもいいこと」を信じれば救われるとか、そう思っているのだろうか。

 

 私には、聖書にどんな表現で描かれていようとも、天国や地獄を実態として把握することなどできない。

 

 そういう世界を想定する前に、「誰かが飢えていた時に食べさせ、のどが渇いたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねる」ような体験を一度でもして、そのとき心に何を感じるか、一度でも体験してみるが良い。

 

  「誰かが飢えていた時に食べさせず、のどが渇いたときに飲ませず、旅をしていたときに宿を貸さず、裸のときに着せず、病気のときに見舞わず、牢にいたときに訪ねない」、ましてや、死刑囚の刑を執行することに満足を感じる法務大臣のような心が、どのようなものかを想像してみるが良い。

 

 おのずと天国とは何か、地獄とは何か、がわかるだろう。

(ところで、そういう条件は、私だって無理だから、洗礼受けたり、聖体拝領したり、毎日曜日に教会に行ったりする条件のほうが楽でいい。やっぱそっちにしよっと)

 

9)「象と盲人のたとえ」へのコメント 

 かつて私があるサイトに書いた既述の「象と盲人のたとえ」を読んだ読者から、コメントが来たので、それに対する私の意見を書いた。実はこの「象と盲人のたとえ」は、ある死刑囚に対する罵詈雑言の数々に対する私の意見だった。

 

 何年前のことだったか、死刑を求刑されたある容疑者の事件に対する私の考えを「象と盲人のたとえ」を引用して発表した。それにたいして、書いた私に対する膨大な量の罵詈雑言の猛烈なコメントが殺到し、犯人と無関係の日記を書いた本人である私の意見はかき消されて収拾がつかなくなった。それでもとの自分の日記ごと削除せざるを得なくなり、あとで自分の考えをブログにシリーズで書いておこうと思って書き始めたという経緯がある。

 

 だから、シリーズが終わるまで、そのサイトでもコメント拒否の設定にした。ただ、罵詈雑言のコメントの中で、まじめなコメントを書いてくださった一人の方の意見を発表して、同時に私のそれに対する自分の考えも書いた。

 

★読者の意見「マザー・テレサの苦悩」

 「マザー・テレサ」と呼ばれ、世界に知られたカトリック修道女テレサは貧者の救済に一生を捧げ、ノーベル平和賞(1979年)を受賞し、死後は、前ローマ法王ヨハネ・パウロ2世の願いに基づき2003年に列福された。ところで、マザーテレサが亡くなって10年目に、彼女の生前の書簡内容が明らかになった。

 それによると、修道女テレサは下記のように記している。

「私はイエスを求めても見出せず、イエスの声を聞きたいのに沈黙している。」「自分の中の神は空だ」「神は自分を望んでいない」といった苦悶の告白と、「私は孤独で暗闇の中に生きている」という言葉がある。

 この言葉によって、西側メディアは「テレサ、信仰への懐疑」などと、センセーショナルな見出しを付けて報じた。ちなみに、彼女は生前、その書簡を燃やしてほしいと願っていたが、どのような経緯からか燃やされず、このように彼女の内面の声が明らかになった。

 マザー・テレサのこの手の内面の告白は、キリストに信仰を持つ者の歴史では決して珍しいものではない。むしろ、程度の差こそあれ、神を信じる多くのキリスト者の信仰生活の中で見られる葛藤だ。

 新約聖書のなかでパウロでさえ言っている。

 パウロは「私は、内なる人としては神の律法を喜んでいるが、私の体には別の律法があって、私の心の法則に対して闘いをいどみ、私を虜にしているのを見る。私は、なんという惨めな人間なのだろう」(ローマ人への手紙7章22節~24節)と告白している。"パウロの嘆き"と呼ばれる内容だ。

 パウロの場合、自身の神への信仰の弱さを嘆いたわけだが、マザー・テレサの告白の場合、神、イエスを求めても答えを得ることが出来ない、"神の沈黙"への嘆きともいえる。

 コルカタ(カラカッタ)で死に行く多くの貧者の姿に接し、テレサには「なぜ、神は彼らを見捨てるのか」「なぜ、全能な神は苦しむ人々を救わないのか」「どうしてこのように病気、貧困、紛争が絶えないのか」等の疑問を持った。

 それに対し、神、イエスは何も答えてくれない。このような状況下で神、イエスへのかすかな疑いが心の中で疼く。マザー・テレサは生涯、神への信頼と懐疑の間を揺れ動いていたのだろうか。

 神が愛ならば、愛の神がなぜ、自身の息子、娘の病気、戦争、悲惨な状況に直接干渉して、解決しないのか。その「神の不在」を理由に、神から背を向けていった人々は過去、少なくなかったはずだ。 

 マザー・テレサの告白は、「神の不在」に関する説明が現代のキリスト教神学では致命的に欠落していること、結婚と家庭を放棄して修道院で神を求める信仰生活がもはや神の願いとは一致しなくなったこと等を、端的に示している。」

 

★上記のコメントに対する私の考え

 このコメントは、マザーテレサの手紙の紹介であって、私の読者そのもののコメントとは言えないけれど、「人間」マザーテレサの本来の姿を知る上で、大切なコメントだと思う。

 ところで、私はどこかで、発表したことがあるけれど、カトリック教会において、なくなった信者を聖人の位につけたり福者の称号を送ったりすることが嫌いなのだ。どんなに立派な人物でも、人間は人間であって、欠点を抱え、苦悩を抱えて生きて死ぬ。

 その人物の人生をいつくしんで受け取るのはヤーヴェ(原存在の意味、法と呼んでも可)だけであって、生き残った人間が彼女を聖人呼ばわりしたりして、崇め、ほとんど新しい偶像のごとく拝むのは、彼女にとって、迷惑な話だろうと思うから。

 残されたものは、故人の遺業を自分のできる方法で継げばよく、故人を祭壇に乗せて、自分とは関係のない「聖人」だから彼女はああいう生き方ができたのだ、自分は「拝む人」、彼女は「拝まれる人」と決めてしまうなら、自分の弱さと戦いながら、生きて、苦悩し、生を全うした彼女の人生にどれだけの意味があったのか、むしろ、聖人扱いされたテレサは気の毒である。

 

 同じことが、聖母マリアに関しても言えるのだ。彼女は処女で子を生んだ無原罪の超人ということになっている。ヤーヴェ以外に真理はない、ヤーヴェ以外に絶対と呼べるものがない、ヤーヴェ以外はすべて無明の被存在であるときに、罪の闇の苦悩もなく、処女で子を産む超人が、なぜ信仰の対象、尊敬の対象になりうるのか、私にはわからない。生きて、苦悩し、自己の闇と戦い、生を全うした人物ではないのなら、人間はどうやって、彼女を真似ればいいのだろう。などと思う。

 

 その意味で、これだけ自己の矛盾と闘って苦しんだマザーテレサを「我々一般人」とは違う存在である「聖人」として祭り上げて、祭壇上に上げてしまおうとするローマ本部の陰謀が、この手紙で崩れることを、むしろ私は願うものである。

いろいろな宗教について(3)

 

4)「神、God 、ヤーヴェ」

 

 日本語本来の「神」は「自在」するものでなく、「生成変化する存在」である。記紀によれば、「葦カビのごとくもえいずる神」という表現にあるように、不思議な現象として「湧いてくる」ものだ。人が死んで神になるのも、神という存在が「自在」するものではなく、「成る」ものとしての性格を物語っている。

 

 キリスト教の発生源であるユダヤ教の「ヤーヴェ」はぞろぞろいる神々のうちの一人ではなくて、天地万物の元としての存在を意味し、固有名詞ではない。これをGod と英訳し、「神」と日本語訳したのは、国際的大誤訳である。 

 

 英語の大文字のGodもきわめてあいまいな言葉で、もともとはユダヤ教のヤーヴェの英訳なのだが、一ユダヤ民族の軍神のような扱いを受けていたヤーヴェを、ナザレのイエスが全人類の父として世界に紹介した。布教を受けた西洋諸民族には、もともと小文字の神々godsが信仰の対象になっていて、「原存在」を意味するヤーヴェに相当する概念がなかったから、とりあえず大文字にしただけなのだ。ユダヤ民族に軍神として捕らえられたヤーヴェは、ユダヤ民族にのみ利する神として旧約聖書に表現されている。ユダヤ民族のみに利する神だから、パレスチナを打ち滅ぼす神なのだ。

 

イエスはこのヤーヴェを全人類の愛の父と解釈した。

 

「ヤーヴェ・原存在」は「存在の大元」であって、多々いる神々のうちの一人の「名前」ではない。つまり天地万物のすべての存在が、ここから生ずる大元の存在を意味する。当のキリスト教徒でさえも誤解しているこの「原存在」なるヤーヴェを、多分、何語にも、訳すのは無理なのだろうと、私は思っている。 

 

 キリスト教は俗に「一神教」といわれているけれど、たくさんの中から一を選んで一神教にしたのでなく、数量でしか物を考えられない人間の表現は完全ではないから、「真理なる神は一人」と表現する。

 

 しかしこれが世界に誤解を生んで、宗教戦争の原因になっている。人類が自分の無明を抱えて宗教戦争をしようと、殺し合いをしようと、十字軍遠征をしようとイスラム討伐をしようと、ヤーヴェはイエスの解釈が正しければ、戦争をしている両方の父であり、全人類を隔てなく救済する「原存在」なのだ。

 

 ユダヤ民族とユダヤ民族に経済的に軍事的に加担するどこかの国の軍産共同体だけを救う「神」など、どこにも存在しない。

 

 世界に原存在は唯一無限である。お前の神は偽者だ、とどこかの民族が主張すれば、当然拒絶されたほうが反発する。しかし、「原存在」は真理であって、「一人」の「二人」のと数量で表現できるような存在ではない。私はこのような「存在」を表す言葉は、仏教の「法」意外に知らない。被存在なる人間が、その存在を信じようと疑おうと、争いの余地なく存在するものは存在するのだ。

 

 原存在は数量を超えて、むしろ、∞(無限大)の存在と表現するほうが正しいと、私は思う。

 

5)「人殺しが好きな人が多いね 」

 

 ある犯罪の容疑者も被害者も含めて、人殺しが好きな人が多い。数年前世をにぎわした殺人事件の犯罪者に対する、検察側求刑のコメントに「鬼畜としか思えない」という言葉があった。その気持ち、わからないわけではない。私はただ、自分の信念から、「一番救いの必要なのは加害者と加害者の家族であって、被害者と被害者の家族のほうの魂はすでに救われている」と思うのだ。

 

 で、そういう意見をあるサイトで言ったところ、それに対する反応が、2時間ぐらいの間に50件以上。しかも、もう「私が鬼畜同然の殺人鬼女を救いたがっている、放免して楽しい生活をさせたがっていると言った言った」と大騒ぎして、とうとう、お前が死ねとまで書いてきた。

 

 要するに、人々は、「理由さえあれば」一人の人間を殺したいという欲求を持っているとしか思えない。で、その反応に対応していたら、突然足がつり、座っていられなくなった。で、いったん中止して、私は寝たのだけど、もうあのサイト覗きたくもなくなった。どうせ、100件くらいになっているだろうけど、罵詈雑言だけだからね。ま、人のいないところで、大騒ぎさせておくことにした。相手にしなきゃ、そのうち、静かになるからさ。

 

ところで、ある「、まじめな」人物が、個人的にメールしてきたので、以下のメールを送った。

 

★「私が言いたいことは以下に尽きる。

 どんなに残忍で不可解な殺人事件であろうとも、ひとたび、「救済」ということを考える限り、救済の必要なのは加害者と加害者の家族です。加害者とその家族は、全世界の“正義”狂信者から糾弾される身であって、ただ一人の味方もいません。被害者をののしる人間は、世界でただの一人もいないという点、すでに被害者とその家族は、救われているのです。ましてや、死んだ子供は、何が起きても生き返らないし、加害者が死んだら、被害者が成仏するなんていう考えは、本来の仏教からだって逸脱しています。たとえ法律が、彼らを守らなくても、彼らは責任を問われるべき“罪”を犯していません。むしろ、正義感に駆られた仲間に守られて、“被害者”として生きていくことができます。社会は彼らを受け入れます。   

 

 もし「救済」があるものなら、それは誰にも受け入られない人間に対してです。彼は生い立ちから見ても、かつて社会から受け入れられたことがない、救済者というものがいるとしたら、神と呼ぼうがイエスと呼ぼうが、仏と呼ぼうが、医者が、必要なのは病人である被告であって、救済者は被害者でなく、加害者の彼女を見ているだろう。」ということ。

 

 私ははじめから終わりまで、今回の事件の被告が無罪放免されて、楽しく生きていけばいいなどと、一言も言っていません。赦せとも愛せとも言っていません。「救い」が必要なのは誰なのか、といっているだけです。それ以上のことも以外のことも言っていません。それを拡大解釈したり、卑小解釈したりするのは、お祭り好きな暇人の趣味であって、私とは関係ないことです。趣味を満足されるまで、お祭りの場を提供しますよ。言いたいことは以上です。」

 

6)「象と盲人のたとえ」 

 私は、仏教関係では門外漢である。高校生のとき、国語の時間に「歎異抄」に接したことがあるが、そのときは、仏教の何たるかという事に、気にも留めなかった。数年前あるきっかけがあって、突然般若心経にふれ、言っていることの意味がわからないから、図書館にこもり、仏教書を読み始めた。1冊や2冊ではわからなかった。なんとしてもわかりたいと思ううちに、読んだ仏教書は30冊を超えた。

 

 それでも、今でもわかったわけではない。しかし、読んだ本の中に、釈迦の言葉といわれる2,3の言葉に気を引かれた。そのひとつが、「象と盲人のたとえ」であった。繰り返すが、私は仏教に関しては門外漢であって、そのたとえだって、釈迦が求めるような理解の仕方で理解しているのかどうかわからない。

 

 私の理解力にたよって、その話を要約すれば、以下の様な意味であったと思う。正確な言葉は覚えていない。正確な言葉を引用するのが目的ではない。あくまでも、私が「捉えた」意味である。

 

 ある王様が盲人を集めて、象を触らせた。そして、盲人一人一人に対して「象とはいかなるものか」と尋ねた。

 

 そうすると、象の耳を触った盲人Aが、「象とはビラビラとした布のようである。」と答えた。鼻を触った盲人Bは「いや、象はホースのようである。」と答えた。足を触った盲人Cが「いや、象は太い柱のようである。」と答えた。腹を触った盲人Dは、「いや、象は皮を張った太鼓のようである。」と答えた。

 

 みんなの答えが違うので、みんなお互いに自分の象体験が唯一の真理であると主張して譲らず、激しい討論の挙句、取っ組み合いのけんかになった。

 

 このたとえ話からわかることは、「無明である人間は、真理のすべてを捉えることができないにもかかわらず、我欲にとらわれ、自己主張をし、自分の知っている真理の一部を真理のすべてであるといって、争う。宗教間の争いとはこんなものであって、その一方にだけ真理があるのではない。」

 

 このたとえ話に出会って、私は、突然、マザーテレサという人物を思い起こした。

 

 私はカトリック教会という組織の中で、79年信者を続けている。しかし、私は、マザーテレサが死んで、インドが彼女を国葬によって、見送るまで、彼女の人物を知らなかった。カトリックの組織の中によくありがちな、ごく当たり前の,奉仕好きのシスターの一人だろうくらいにしか思っていなかった。インド、貧困、カトリック、布教、奉仕活動、という構図が頭を掠め、そもそも、インドを貧困にしたのは、どこの誰だ、という思いが強かった。

 私は彼女が有名であればあるほど、冷淡な思いがつのってきて、彼女を心で受け入れなかった。

 

私の頭には、インドの近代の聖者、ガンジーの言葉がいつも去来していたのだ。彼は言った。「自分はイエスキリストは好きだが、キリスト教徒は嫌いだ。キリスト教徒はイエスキリストにどこも似ていない。」言いえて妙!

 

 マザーテレサが死んだとき、私は、インドの片隅で布教に生涯をささげていた一介の外国人シスターにすぎない人物を、多宗教国家のインドが国葬を持って見送るとは、いったいどんな人物だろうと、実は腹から驚愕し、そのとき初めて、興味を持って、手当たりしだい、彼女に関する資料をあさった。彼女に実際あったという神父さんにも、彼女の人間像を聞き、映画も見た。あの複雑な多宗教国家が国葬を持って見送るほど、国をあげて受け入れるカトリックの修道女なんて、何者だ!?と私は思ったから。

 

 私は、内戦のラテンアメリカに8年滞在し、カトリック教会の過去の所業を見てきた。殺戮と破壊と廃墟の上に立てられた金銀財宝にちりばめられた教会を見てきた。

 

 内戦の中では、ラテンアメリカのカトリック教会は、一丸となって、農民の側について農民の代弁者となり、多くの布教者が暗殺されるのを見送るという体験をした。1980年3月に事件がおきた。農民を殺害する政府軍に武器援助をし続けるアメリカの政府に対して、「武器を送らないでください。あなたが送る武器が、罪のない民衆を殺しています。」と、エルサルバドルの大司教、ロメロは訴えた。彼は兵士に向かって「兄弟たち、兵士よ、殺せという上官の命令に従うな、あなた方が従うべきは、殺すなかれという神の命令のみである」と説教壇上から絶叫した。その説教によって凶弾に倒れたロメロ大司教の暗殺事件は、その後の私の人生を変えるほどの衝撃的事件だった。

 

 彼は「布教」など、しなかった。彼は、そこいらのキリスト教徒が、宣伝カーで「悔い改めよ」などとおおさわぎしながら自分の言葉に酔うような、そんな布教などしなかった。彼は命を盾に戦った。「汝、殺すなかれ」と叫びながら。

 

 その両方の体験から、自分は以後決して、布教活動をするまいと、心に決めていた。なぜなら、「布教」とはとりもなおさず、「自分だけが正しい」と思い込み、「正しくないやつに正しいことを教えてやろう」という「使命感病」に陥ることにほかならず、それが諸悪の根源なのだと信じたから。

 

 私の理解によると、かのマザーテレサなるカトリックの修道女は、「布教」などしなかった。少なくとも、伝統的な「真理植え付け狂信者」の使命に狂って他人の生活を根底から覆し、破壊し、「恭順させ、支配しやすくする」そういう、伝統的、正攻法による布教など、彼女はしなかった。彼女がそのような布教をしていたら、インドは彼女を国葬にするほど、敬意を持って見送らなかっただろう。

 

 彼女は、社会の最下層の人々の人生と死に立ち会った。彼女の信仰にしたがって、「まつろわぬやから」に洗礼を授けたわけでもなかった。最下層で死に瀕している人々のあるがままを受け入れ、その宗教を尊重し、苦悩の人生に並走し、その魂をその人の仕方で持って、見送った。ヒンズー教徒にも、シーク教徒にも、イスラム教徒にも、彼らの今のあり方を受け入れ、彼らの宗教のやり方をもって、見送った。

 

 彼女は、自分が「象のすべて」を知っているわけではないことを知っていた。

 

 彼女は象の鼻を信じる人も、象の耳を信じる人も、象の腹を信じる人も、象の足を信じる人も、すべてが、象の子であることを知っていた。そして彼女はイエスにおいて象の子であった。

 

7)「救いに条件などない 」

 この世のどの宗教団体も、教祖というものを勝手に設定していて、釈迦は仏教の教祖、イエスキリストはキリスト教の教祖ということになっている。しかし、釈迦もイエスも、死後教祖にさせられただけで、生前に、我こそは新しい宗教の教祖である、我こそは神の子だあ、と宣言したわけではない。

 

 教祖宣言は麻原とか、その他いろいろの自称「なんとかの化身」たちの専売特許で、本物は沈黙しているから本物なのだろう。

 

 キリスト教は、キリストの死後、キリストを救世主と信じた人々が作った宗教であって、組織の教祖と呼ぶにふさわしい人がいるとしたら、それはむしろ、パウロである。

 

 だいたいその、させられちまった教祖は人類に救いをもたらす主のはずなのだが、その救いには、いろいろの条件が決まっていて、その条件に合わなければ地獄に行くと宣言されたりする、案外恐ろしいものなのだ。

 

 但し、そういう条件を出すのは、その「本物」を教祖にいただいて、組織を作った人々の「支配上の都合」によるところが大きく、イエスキリストは、救いに条件を設けなかった。信じなければ地獄に行くとか、愛さなければ地獄に行くとか、これこれの戒律を守らなければ地獄に行くとか、洗礼を受けなければ地獄に行くとか言う条件を設けなかった。だいたいイエスの家族は洗礼受けてないよ。

 

 救いが本当に救いなら、一方に地獄の恐怖を見せ付けられて、脅迫されて達成されるものではないだろう。大体、ある意味、精神の暗黒である地獄を体験したことのないものはないだろうから。救いとは、精神の暗黒からの救いであって、天使ばかりがぞろぞろいる、永遠の花園に住むことではない。そういう退屈な「場所」なら、変化に飛んだこの世のほうが、「場所」としては面白いではないか。

 

 ナザレのイエスは、パウロの解説なしに、その言動だけを見れば、救いに条件など設けなかった、と私は解釈する。

 

 パウロという男は、その出身母体がイエスが嫌ったファリサイ派だけあって、ものすごくファリサイ派の特徴を色濃く持っている男である。男尊女卑が激しく 、教条主義的で、イエスの人間主義、自由な、旧約の戒律を超えようとする考え方を、ユダヤ教に引き戻した男だと、そういう、感想を私は持っている。キリスト教徒の、激しい、異民族に対する敵対心は、パウロが造ったのだとさえ、思っている。

 

 イエス様は洗礼を救いの条件になど、しなかった。 そういう儀式をイエス様は超えていた。イエス様は、各所で、教条主義的なユダヤ教の戒律を超える発言をしている。安息日に病人を癒す、麦を積む、そういうことを禁じた戒律に対して、彼は敢然と戦った。

 

 しかし、彼の死後、教会とローマ皇帝によってキリスト教徒に対する組織が形成される過程で、新しい教条主義が芽生え、統制と権威の芽生えが生まれる。キリスト教を国教にして支配の道具にした指導者側と別の意見を持つものは、宗教裁判にかけられて、異端者呼ばわりされ、破門を恐れた人々は、統制された教義の中でしかものが言えなくなった。

 

 人が安息日の主であって、戒律が人の主ではないという、イエス様の人間主義は、教会の組織の中で完全に封鎖されてしまった。現代人はそれを『キリスト教』と呼ぶ。

 

 イエス様が、救いの条件として、洗礼を勧めた、または、制定したという事実はない。ましてや、それを救いの条件にしたということはない。 救いの条件に、改心を促したということもない。彼はすべてに先行して愛をといた。 マグダラのマリアを救ったとき、彼は彼女にどんな条件も与えなかった。洗礼も悔悛も聖体拝領も、儀礼の一切を条件としなかった。

 

 イエスはむしろ、彼女を攻める人々に、罪の自覚を促した。お前らのうち罪のないものが一人でもいるのか?その言葉によって女性の「生物学的命」を救うと同時に、人を一人、リンチによって、「合法的に」殺そうとしていた群集の「心」を「無条件に」救ったのだ。

 

 「あなた方のうち、罪のないものが、この女を打て」と彼は吼えた。その言葉を聞いた群集は、石を投げることができない自分を悟った。それによって、彼らが得たものは、女性の命の救いよりも、自己の魂の救いにとっての強烈な自覚だっただろう。

 

 イエスが言う愛とは、決して、生暖かい、ちょっと見、優しい人間同士の感情ではなく、冷徹な、透徹した自己洞察による、罪の自覚と、罪あるもの同士の連帯である。「罪の女」が悔い改めたとしたら、それはイエスに促されたからではなく、イエスの愛に触れたからである。それは条件ではなく、結果だったのだ。

 

 罪あるもの同士の連帯に、教条主義は無用である。救いの条件を人間が設けるとき、人間は必ず、条件に満たないものを、攻撃する。「洗礼を受けていないもの」を「差別」する。 「異教徒」を「救い」からはずす。 「救いを自分の集団のみに限定」する。人間は、そういう動物なのだ。

 

 差別はユダヤ教徒のものである。異教徒を人間とはみなさない考え方は、ユダヤ教徒のものである。パレスチナを乗っ取り、住民を無条件に殺してもいい、救いは自分の民族の軍神ヤーヴェから来る。ヤーヴェを自分の民族のみに救いをもたらす神として独占する。

 

 その考えから解放し、ヤーヴェを全人類の父と教えたイエスを教祖とするならば、排他的なキリスト教など、アンティキリストだろう。

いろいろな宗教について(2)

3)「神の母聖マリア」

 宗教についていろいろ考えていた時、(此れを書いた年の)年の)元旦がたまたま日曜だったから教会に行ってきた。別にいつもの習慣だから、どうって言うことないけれど、元旦のミサについている表題が気になった。元旦のミサは、「神の母聖マリアの祝日」だそうだ。ついでに世界平和も祈るのだと言う。 「ついで」が世界平和だって。ちょっとおかしい。私の中では逆だけどな。

 

 カトリックの「神」と呼ばれるものは、天地万物の創造主のはずである。人間は被造物と言うことになっている。これでいくと、聖母マリアは聖母と呼ばれようと、ただの母であろうと、人間だから「被造物」のはずである。「神の母」と言うなら創造主の母が被造物だということになる。いくら奇跡をかき集めたって、この表現は非論理的である。

 

 あまりにおかしいと思ったから、松戸教会の神父さんとっ捕まえて、聞いてみた。「神父さん、ありゃおかしいですよ。創造主にお母さんがいるんですか?創造主の母が被造物でいいんですか?」

 

 神父さん、おったまげて、すごくあわてて「おかしくないんだ、おかしくないんだ」と叫んでいた。パニクッているらしい。面倒だから、笑いながら取り合わずに帰ってきた。

 

今頃あの神父さん、悩んでいるだろう。

 

 信仰箇条を理論で言える範囲でいえば、創造主は被造物なる女性マリアを通して、創造主の分身としてのイエスを送ってきた。その意味でイエスは「神の独り子」と言われる。一般にはわけのわからない言葉で言えば、「受肉」と言う言葉になる。仏教用語で言えば、真理から来たもの「如来」というらしい。(これはネットの中での論争相手のある浄土真宗の男性の意見)

 

 カトリックはイエスの母マリアを、異常に特別視している。イエスが受肉した神の子だから、母マリアは、「神の母」と呼べるらしい。でもね、そういう人間の親子関係の表現を使うと、もっと面白いことになるよ。

 

 「イエス様は神様の子で、やっぱり神様と呼ばれ、しかもイエス様の父は神様で、マリア様の相手は父なる神様だから、イエス様から見るとマリア様は神様のおばあさんです。」

 

 で、1960年代に召集されたバチカン公会議で、実際にこのような発言をしたスペイン人の司教がいたらしい。その表現のあまりのおかしさに、おったまげたスペイン司教団は、スペイン司教団の名誉にかけて、次の日、その発言を訂正したそうだ。実際に会議に出席した人物から聞いた実話。^^。こっそり考えると、この発言いいね。

 

 これは、知り合いの、親しくしていた本物のカトリックの神父さんから聞いた小話。

 

 イエス様が「罪の女」と呼ばれる女性が、ユダヤ教の律法で合法的に石殺しにあっていたとき、逃げてきた女性をかばっていった。「お前たちのうちに罪がないものだけが、この女に石を投げよ。」

 

 そうしたら、石が一個ぽーーんと飛んできた。見るとそれを投げたのは、母親のマリアだった。

 

イエス様は母に言った。「なんだよ、かあちゃん、俺の仕事の邪魔するなよ。」

 

そうしたら、マリアは言ったそうだ。「だって、あたし、無原罪だもん。」

 

 つまりね、よく考える人間は、たとえ信仰箇条を信者に叩き込むのが商売の神父さんだって、カトリックの言葉の矛盾には気がついているのさ。

 

 アダムとイブの物語に、単純化された「原罪」の意味を、考えれば考えるほど、「無原罪」などと言うことはありえない。

 

 アダムとイブは「この木の実を食べると、智慧がつくぞ、神様と同じになれるぞ」といわれて智慧の木の実を食べたと言うことになっている。食べたら、自分の「裸」に気が付いた。そして、恥を感じて、身を覆うものを探して、身につけ、木の陰に隠れた。

 

 神は罰として、男は家族を養うために汗を流し、労働をし、苦しまねばならぬ、女は子を生み育て、苦しまねばならぬ、といったと言うことになっている。

 

「その心」は、

 アダムとイブは欲望に負けたのだ。自分が超えられぬものを超える欲望に負け、自分の裸の状態を恥と思い、裸の真実を隠して自分を自分でないもののように見せる我欲を追求した。我欲を追及した先には、追い求めても追い求めても満たされない精神の枯渇が待っている。満たそうと思って富を追求し、権力を追及し、それでも満たされない状態、それはとりもなおさず、不完全なものが完全を追求する状態だ。生まれて死ぬ命である限り、人間は誰でも「不完全」、仏教用語で言えば、「無明」だろう。

 

 生まれて死んだ有限の存在であるマリアさまが、原罪、つまり、この不完全状態を持っていないなら、彼女は「完全で、真理そのもの」か?

 

 私は、厳しい中でも最高に厳しいカトリックの家庭に生まれた。子供の頃、家庭にあった読み物は、聖人伝と聖書だった。一般の物語は、すべて、友人から借りて読んだ。「禁書」と呼ばれる物に手を触れることはなかった。朝夕の祈りを家庭祭壇の前で、家族8人がそろって唱えた。文語体の祈りとラテン語の祈りだった。それはまるで、修道院の勤行のようであった。それだけ純粋に、私はカトリック信者として、培養された。

 

 純粋に育ったから、純粋でない大人たちの本心がよく見えた。その本心を赦せなかった。私はどこの組織でも追放された。純粋に育ったから、「信じなければいけない」と、個人の思考も赦さずに、信仰を強制されるとき、その意味を考えざるを得なかった。

 

 幼児の頃の純粋さから、独立のための成長期、私はやはり、本を読んでいた。疑惑をチェックし、「禁書」と呼ばれる本も読み漁った。カトリックから離脱したルターにも接近した。聖書の記述そのものも疑った。怪しい記述の意味も考えた。

 

 多くの出来事に出会い、その時その時考えた。強制された「信仰箇条」でなく、自分の心に湧いてくる純粋な受け皿で、私はえりすぐったものを核として、信念を形成した。

 

 だから私はもう、自分を規制する組織の強制を恐れなくなった。私は今、カトリックなのか、どうなのか、わからない。

 

私は、この記述を、カトリック信者と自称する人々が、気に入らないのを知っている。私もカトリック信者である。自分の方からは、カトリックを離れる意思はない。離れて物を言っても、それはかつてルターが始めたように、分裂をもたらすだけだから、私は中に残るなら、中で物をいい続ける。離れるのなら、決してモノをいわない。

 

 私は、カトリックはもうすでに消滅する運命にあると、公言する神父の存在も知っている(今は故人)。消滅するのは消滅する理由があるのだ。イエスの言葉は究極の真理、究極の救いを、後の人々に残している、心に響く言葉なのだ。彼の言葉は永遠に人を救うと私は信じる。しかし、カトリック教会が「信仰箇条」として、信じることを強制している物事の内容に、まったくどう考えても、不条理な言葉が、その意味も検討されないで、実態として捉えられ、ただ信じることをを強制されている状況がある。特に言語の検討もなく、日本語に訳された言葉は、あまりにも異常なのだ。 

 

 あの異常さを払拭しない限り、カトリック教会は滅ぶだろうと私は心から憂れえている。