2011-05-24から1日間の記事一覧

信仰といわれても

キリスト教というのは、成立のころは、迫害を受けていた。その後、コンスタンティヌス大帝が、キリスト教を国教としてから、形勢は逆転し、支配者側に回った。 国家の元首が国を挙げ、一つの宗教を持ちあげる時、それは政治利用、支配の都合によることは、ど…