#事件

自決か

拘留中の殺人犯が獄中で自殺したという報道に、詳しく読んでないけれど、なんだか実はホッとしている。犯人は女性で、その写真を見た時から、ショックを受けていた。殺人を繰り返した人間て、ここまで恐ろしい表情になるものかと、その救いようもない荒んだ…

日本国家の貧困層追い詰め政策を呪う 2012年10月12日 私が松戸を引き払ったのは、去年の詐欺事件以来、友人たちに生かされたとはいえ、借金を抱えたために、その返済を年金で支払うためだった。今までは、海外に移住した者の年金は、健康保険料も介護保険料…

ああ、痛恨の

ここの家は日光が射さない。これだけ私が回復しないのは、5時に起きて自転車に乗って、朝の太陽を浴び、テレビ体操をして、規則正しい生活をしていた日本の生活から一変して、日光の射さない暗い家で、まったく自分が主体になることなく、二人の病人のなかで…

旅行鞄

週末でなにも動けず、今日になって旅行の準備をしようと思ったら、スーツケースがないのに気がついた。そういえば暮に娘が来た時、あまり重くて汚い壊れたスーツケースを持ってきたので、私のを挙げたんだった。 あまりお金をかけたくないので、またネットで…

ケセラセラ

友人Pが絵を買ってくれるそうだ。ありがたい。実は、詳しいことは言及を避けるけれど、にっちもさっちもいかなかった。もう大丈夫だと思って、暮にPが貸してくれたお金を返してしまった後に、とんでもないことが起きた。カードの使用は禁止となり、銀行口座…

病気だけど、ちょっとした遊び

明け方4時に寒いなあと思って目が覚めて、背中にほかろんを張って寝たら、気持ちよくなって7時まで目が覚めなかった。どうせ、ここ3日間、体調が悪くて食事してないから、教会にも出かけなかったけれど、少し、体内時計が狂ってきたのかもしれない。 もう、…

もう・・・

ヤフーって、変なサイトだ。このところ、不具合続きで、ヤフーチャットができないことも手伝って、アラばかりが目立つ。出会い系とかいうところから、大量にジャンクメールが来るために、あらゆる手段で戦ったが、とうとう根負けして、大切なサイトのアドレ…

いかにも素敵な励まし方

実は私は伸びていた。他人にどう見えようと伸びていた。他人の無神経な言動に傷つき、他人のとおりいっぺんの慰めに反吐を催し、他人の無責任なほめ言葉にいら立ち、それでも私は人前でへらへらしていた。何も物を言わない人間の方が、私はずっと信頼できた…

煩悩具足の腹の底

子供の時、私の家族は貧困のどん底にあった。貧困のどん底にあった時、母はあらゆる工夫をして、子供たちが乞食の子供に見えないような姿をさせて生きていた。人は私たちを外見から貧困のどん底にあるとは思わなかった。母は家族の「誇り」をあらゆる工夫を…

体調悪い

体調があまり良くない。非常に微妙なのだけど、体感がほとんどできないような地震みたいなものを感じていて、ゆらゆらと目が回っている。それでわずかに吐き気がする。 どう言うわけか、昨夜、眠れなかった。起き上って、しばらく、本を読んだり、一人トラン…

いかれている

雨って、なんなんだろう、と私は考える。雨になると気がめいって、すべての意欲が減退する。今日も雨。何をしようとしていたんだろう、とぼんやり考えながら、ピーピーという音に、雨と知りつつ洗濯機を回した事を思い出した。 睡眠時間と食事時間のサイクル…

こんな解釈もあり

未だ、「敵を愛せ」の意味を掘り下げている。なにしろ思考回路がへんてこだから、とうとう、その本質を創世記までさかのぼった。 早く言っちゃうと、神様とやらが天地万物の創造主なら、詐欺を作ったのも神様じゃねいか、と言うところまでさかのぼったのさ。…

バカ婆さんの聖書物語

ここ数カ月に起きた出来事の意味を、まだ完全には把握していない。しかし、生まれた時から持ちつづけている自分の思考回路では、これは「ただのバカ婆さんが騙されて身上失った」というような、単純な解釈をしていないのは確かなことだ。はたから見れば、そ…

Dios se lo pague

私が数年前所属教会を替えたたった一つの理由は、660円の交通費の節約のためだった。足元が弱くなって転倒を繰り返し、よたよたと杖をついていた私が、バランスを回復せよと言う理由で贈られた自転車の練習をし、68歳にして自転車の運転を覚えた。いろいろ探…

今の状況

長いこと、骨粗鬆症のために摂取していたサプリメント類を摂取するのを忘れていた。それほど私の日常性が休止してしまったのだ。 思いもかけず、50年前に机を並べていた同級生や、ネッ友達の助けで、忘れていた「我」を取り戻したらしい。 ガレージセールと…

あがいている

昔、難民となって、内戦のエルサルバドルから、日本に向かう機上で、抵抗しても抵抗しても日本に帰らざるを得ない意味を考えた。其の昔私は、実家の家族との長い長いしがらみを振り切って、すべてを捨てエルサルバドルに永住するつもりで、日本を後にした。…

感謝、及びこれからの目標

半世紀前、机を並べて勉強した高校大学の仲間たち、10年間、ネットの中で出会っただけで、私を助けてくれたネッ友たち、さまざまの場で、福祉の仕事に携わり、同じ目的を共有した友人達へ、感謝をこめて今の私の決意を申し上げたいと思い、お便りいたしま…

ひとりごとなんだから口はさむなよ

11月14日 昨日、涙腺が決壊したと同時に、気が弱くなった。70歳にして日本を離れて再起など、ありえないと思ったら、遺言をかきたくなった。過去、自分がどれほどみっともないことを演じても、見捨てなかった人がいたことが思い出された。その人たちを思い出…

Dios se lo pague

なんだかびっくりしちゃった。ネットの中の長年の付き合いで、宗教上の意見交換もよくしていた人に、先日書いた「上着を取られたら下着を」と言う言葉の解釈を見せたところ、彼は一番下にある3000円のカンパの部分だけを読んで、カンパしてくれと要求さ…

ワゴンセール中止

ブログの読者の皆さま 今回の事態に、ご親切な協力の手を述べていただき、心から感謝申し上げます。 実は同級生たちのご協力で、今回予定をしておりました、神保町のワゴンセールは、中止することを余儀なくされました。ネットを通じて広告を出したため、犯…

だんだん意味が・・・

変なことを言うようだけど、日本人は言霊民族だ。言霊の力を多くの人が忘れてしまったらしいけれど、今の私のように、精神的な大打撃を受けて、肉体が健全な状態で機能しなくなると、言霊だけが頼りになる。 言霊の通じない人が空しい言葉を発しても、空しい…

えげつないことにばかり反応するので、削除した

私のブログを見ている人が、たまげて電話してきた。私が最近被った災難についてなんだけど、災難の当事者は、一番神経を立てている。神経に触れられたくない。ところが、ブログの中の思索的なところは何も読まず、ワイドショー的な話題にばかり飛びついて、…

放射能汚染のこと

誰も自分の地域の放射能を測定しようなどと思っていなかった。 ところが、原発事故をきっかけに、放射能測定が始まって、各所に高い数値が見つかった。原発事故からの距離から考えて、ありえないところに、ありえない数値が出た。柏も、松戸も、世田谷も、横…

難しい問題だなあ

朝、どこかに行って帰って来てから、疲れて寝てしまった。それで、朝の行動を何も覚えていない。自転車で、いろんなところに行った。ことだけ、うろ覚えに覚えている。 で、テレビの前で、なんだか正体もなく眠ってしまって、目が覚めてから、庭に出た。庭に…

ロメロ大司教追悼ミサ

招集がかかったので、イグナチオ教会に行ってきた。31年前に暗殺されたエルサルバドルの大司教ロメロの追悼ミサをやると言う。私が描いた絵の写真をはじめ、手持ちの資料などがほしいというので、貸与した。ミサの後になんだか、懇談会と映画をやるというの…

「人の死というもの」 30年から40年前の話だが、日本は学園闘争で明け暮れていた。それは連合赤軍の仲間同士の殺し合いで幕を閉じた。 私も若いころ、ベトナム反戦運動に、たった一人で参加した。だから闘争というものの純粋さを知らないわけではなかっ…

つらい(2)

昔ピアノ殺人というのがあったな。 その男は音に敏感なため、自分の出す騒音が他人を苦しめないように、自宅のテレビやラジオさえ、音を消して、イヤホーンで聞いていた。彼は彼で、隣近所に対して自分のできる限りの気づかいをしていたのだが、誰もそのこと…

自転車に交通規則があることを知らぬ馬鹿

ふと、ミクシのニュースで自転車の交通事故で加害者になった小学生の賠償責任の話を読んだ。その母親も、自転車が左側通行の規則があることを知らなかったと書いていた。 私は67歳にして初めて自転車に乗り始めた人間で、怖かったから、交通規則の本を買って…

宗教論争はする気はない

NHKの「奇跡の生還」という番組を、疲れを押してみていた。 そして思ったのは、「やっぱり私の勘があたった」という思いだった。ただし、NHKのコメンテーターは一人も、そのことに触れなかった。 私は、落盤事故の坑道の中で生き抜いた33人の心にあったのは…

腰抜け

腰抜けも、ここまで無能に腰抜けだと、コメントのしようがない。全く何も交渉も話し合いもなく、理不尽な中国の脅しに屈するの?何が国益ですか。腰抜け管政権のばかが!