naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

日記

医者の陰謀で飲まされた薬

医者の陰謀で飲まされた薬で、生きた心地がない。 この前、MRIの検査をした。閉所恐怖症にとってはあのドカンに潜るの辛い。ずっと目をつぶって閉所にいる事を忘れようとしたが、凄い音で気が狂いそうだった。 ところでそのあと、自分の骨を見たけれど、あん…

「偶然の結果の出生地と宗教の選択と 他宗攻撃を口実にした覇権争い」2

(2) 私が無意識のうちに生まれた世界は、太平洋戦争直前の日本人の家庭で、宗教は日本ではかなり少数派のカトリックだったから、近隣にそういう人種は一人もいなかった。 おまけに母が植物が好きだったからか、家はまるで森の中の赤ずきんちゃんの家みた…

兄の肖像画をかいた

数年前、10歳年上の兄が死んだ。ほとんど一緒に住んだことのない兄だったが、いつも気にかけてくれていた。

クリスマスの起源

やっと日本風クリスマスが終わった。これから日本は角松などの正月飾りと餅の季節になる。其れはそれで気持ちが改まっていい季節だ。ただ、餅と言えば、昔の日本は正月にしかなかった。現在は真夏でもあるから、餅に季節を感じることはない。餅つき行事は、…

宏子ちゃんが逝った

昨日、友人のお通夜に行ってきた。娘がエルサルバドル滞在中に、手術をしなければならなくなり、私が日本で一人暮らしの間詐欺被害にあって無一文になっていたときだったので、旅費も工面できなかった。その時旅費を提供してくれた友人だった。借金はいまだ…

読者の皆様、お久しぶりです

私は1941年開戦の年生まれ。4歳にして防空壕を出ました。昼間の世界がある事が不思議でした。夜空にサーチライトがなくなりました。その後こういう人々が巷に溢れていました。 https://search.yahoo.co.jp/image/search… 平和憲法は押し付けられた憲法です。…

或る問答

あるサイトに、米国日系人の投稿があるのを読んだ。日米大戦中、米国民であった日系人は拘束され、強制収容所に収監された。其の時の苦悩を思い出し、今のアメリカが、すべてのイスラム教徒に対して、拒絶反応を起こしていることを憂いている。そして最後に…

多数決で決めたことは真理ではない

遅くなったけど、とうとう、イギリスが、『多数決で』シリア爆撃を決めたというニュースを横目で見ていた。 興奮状態にある人間どもが『多数決』で物事を決めるほど危険なことはない。ヒットラーは悪魔の代名詞のように言われるけれど、ヒットラーだって、危…

「刑務官佐伯茂男の苦悩」をやっと読んだ感想

私は日常的に犯罪者の立場にも被害者の立場にもなりうる。しかし、裁く者の立場、刑を執行する者の立場、さらに死刑に立ち会う者の立場になることは、ただの庶民としては皆無だ。この作品は、其の皆無の立場の苦悩を描いた作品として、私にとっては目新しい…

昔の記憶

11月21日 老人になると、つい最近のことはすぐに忘れるが、昔のことはやけに記憶がいいらしい。このところ予定していたことを、カレンダーに書き込んであったにもかかわらず、3件片っ端から忘れた。しかも、案外重要なことばかり。 11月6日に、骨粗しょう症…

シエラレオネで働く同級生

シエラレオネ支援について 1)私の大学の同級生に、シエラレオネで働いていらっしゃるシスターがいます。其の同級生の一人からの連絡で、支援の呼びかけがありました。 実は高校の同級生Yさんが関わっているバザーで、私の絵はがきを売ってくださるという方…

やっと行動開始

11月2日 ことしの3月、利根運河の自転車道の野田側で、三輪車がパンクしてMさんに迷惑をかけて以来、恐れて三輪車の散歩を控えていた。 ところが、もう限界らしい。体調も精神状態もおかしくなって、たぶん私はひきこもり症状を起こしている、と思った。とに…

今度は医療の問題)(2)

ところで、母の最期の話に戻そう。 母の気持ちを私は理解したけれど、私も「一度決定した事を覆すことが難しい真面目な日本人」だった。それを覆して母の最期を自宅で見ようと、あっけらかんとして決定したのは、「ケセラセラ民族の」エルサルバドル人の夫だっ…

今度は医療の問題(1)

日本人は、既成事実を曲げる事を好まない人種だ。この日が花見と決めたら、土砂降りになっても花見に行く。時間厳守を遂行しようとして、乗客もろとも電車を暴走させて事故を起こすのも、「真面目な」日本人。 詐欺の話はともかくとして、老人医療に関して思う…

振り込め詐欺考

NHKが、振り込め詐欺に会わないためにどうすればいいかという番組を毎日やっている。お笑い番組でもやっている。 あれを見ていると、老人とイメージされる動物は、よほどバカだと思われているらしいとしか思えない。人間は子供だって、若者だって中年だっ…

デング熱

日本でデング熱が流行っているそうだ。私は中米で暮らした36年前デング熱にかかったことがある。主人も娘もかかった。今回娘は帰国する直前に、別の「ちくんなんとか」いうやっぱり蚊が媒体する熱病にかかった。でも案外元気で、日本で数週間暮らした後、ア…

久しぶりだな・・・

過ぎて言ったことは言っても仕様がない。 でも秋になったらしく、体調も戻ってきた。いずれ死ぬけど、生きている間は前向きに生きたい。そこまで回復したのかな。 もしかしたら、自宅で個展をやるかもしれない。少しその気になり始めた。 聖書研究は、有料で…

従順なユリの花

2日の夜、娘が帰国した。荷物が多くて大変だと思って、空港まで出迎えたのだけれど、さんざん待たされた末に、娘は手荷物だけころころ引きずって出てきた。どうしたのかと思ったら、手違いで、荷物は全部乗り継ぎ場所のシカゴに置いてきぼりにされたのだそう…

写真は下手だけど、新しい絵

どうしても光が入って、旨くとれない。額縁にかなり手をかけた。これは10万円。売れたら嬉しいけど。

出会いってすごい

今日は麗澤大学の講座に行った。先週、講座で出会った仲間が3人家まで来てくれて、3人が1枚ずつドアかけを買っていってくれたとき、奇木を麗澤に持ってきたらどうか、と提案してくれた。購入してくれた人が其の時お金の持ち合わせがなかったので、作品を持っ…

ここ数日間の出来事

6/11 この1週間で起きたこと。 1)雨の日、家の前の、私が10年かけて花畑にした通りを眺めていたら、花の上に放り投げたごみの山を見つけて、ものすごく腹が立った。ゴミを捨てるにしても、なにも咲いた花の上に捨てなくたっていいだろう。なにが起きても10…

ドアノブ1枚売却済み

ドアノブかけ、2点、『タラポ』『赤いユリ』売却。感謝

月とすっぽんが売れた

月とすっぽんが売れた。うれしい^^。

作業用でも、登山用でも

私はよく野良仕事をするけれど、靴に困っていた。夏は、地下足袋でいいが、少し寒い。サイクリングにでも作業にでも、どうにでもなる防水加工した靴はないかと調べて買った。高いけれど、とても便利でかっこいい。サイクリングにも外の作業にも使っている。…

勝水株式会社 木曽山系の天然水

水を日本で買うことになろうとは、全く想像もできなかった。松戸の水道が安全かどうか、まるで知らない。地震と原発事故以後、すんでいる近所の土だって換えているんだから、地下水だって影響があるだろう。自分は72年生きたから、いつ死んだって文句は言わ…

こんな事を思いながら暮らしている

引きこもりとか、核家族とか、孤独死とか、根っこはみな同じ。 コンビニも、スーパーも、農家が個人的に出している無人販売所も、人と人が対話できる場所ではない。昔の八百屋、昔の肉や、昔の魚やで、対話をしながらレシピも教え合う、そんな場所がなくなっ…

8月の日記

ところで世の中に「性の奴隷」じゃない人いるのかね・・・ふっ 相手国の生き物を人間と見なければ、なにをしてもいいのが「戦争」というものです。アメリカも中国も、ソ連もイスラム諸国も、どんな大虐殺をやっても人間じゃない生き物を殺して勝ったんだから…

人間を色分けすることについて。

鶏の声の違い 日本の鶏は「虚仮国交」となく。アメリカの鶏は「クックドゥ―ドゥルドゥ―」となく。スペイン語圏の鶏は「キッキリキー」となく。ただ、誰も鶏自身に意見を聞いたことがない。 私は3カ国の鶏と付き合ったことがあるが、実は同じ鳴き声に聞こえ…

寿司の話

橋下騒動が一段落したのかな、今日のニュースにはもう出てこなかった。彼の記者会見で説明をよくよく聞いてみると、何だ、大したことない、と思った。メディアは面白そうなと言葉だけをとらえるからね。だからと言って、前後の言葉を伝えずに、「面白そうな…

橋下発言で思う事

橋下発言で、世の中大騒ぎしている。 なんで、こう軽薄で無神経な男だろうと、私はテレビのニュースを聞いた時思ったが、実は、米軍に風俗を奨励したという報道を聞いた時だけ、別の反応をした。 私は米軍の占領時代、東京立川基地の周辺に生まれ育った。父…