naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

生命保険は亡国産業だ

生命保険関係のCMほど、いらいらさせるものはない。そのせりふに「葬式代ぐらい自分で用意したいからねえ」と爺さんにいわせている。

息子は親に対して何もしなくていいような腰抜けに育てる親が国を滅ぼすのだ。「息子の世話にならない」と言うのは、あんたの「自負心」?息子を一人前に育てる責任はないの?くだらない「自負心」より、息子を一人前の責任ある大人に育てる「責任」はないの?

バカなことほざいていないで、息子は元服させたら、一家眷属を背負っていくような人間に育てろ。昔の元服は15歳だぞ。

お前の世話にならないと言い聞かせて、たらふく食わせて家の掃除もさせずに塾に通わせて育てた挙句、葬式代まで自分で用意して死ぬから、お前に迷惑かけないといい続ければ、自分にさえ責任をとれない木偶の坊が大きくなるだけ。

自分を産み育てた親の老後にまったくの責任をとらない息子が育つのがそんなに「現代的」で爺婆の自立になるのかね。

仮に打算的なことだけ問題にするとして、親は、息子が生まれる時の出産の費用から、衣食住のすべてをつぎ込み、学費を12年間注ぎ込み、独立資金、結婚費用まで支払ってやり、そうやって太陽は自分を中心に回るみたいに、自己中心的に育った息子は、老後動けなくなる親の面倒も見なくていいように、葬式代つきの保険に入れ、うまく死んだら遺産を丸ごと自分の物にするの?

保険て、そういうバカを日本中に蔓延させるための仕組み?

私は娘を育てました。だから、老後は、楽させてもらいます。それが彼女の責任です。子供の時から、お前の責任だと言い続けて育ててあるので、葬式代なんか、用意しません。

生命保険は亡国産業だ。