naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

三つ子の魂

ミクシのニュースの項目を見ていたら、なでしこジャパンアメリカに勝ったいう見出しが飛び込んできた。

実は私はスポーツにまるで興味がない。あの、勝った、負けた、1番だ、2番だ、と言って騒ぐ状況が、どうも自分の中の「娯楽」とかみ合わないのだ。だから、からかいの対象になっている、レンホウ議員の「2番じゃいけないんですか?」と言うセリフが物凄く受けたほど、競うことが嫌いなんだ。人間の成長と言うものが、競うことを無視しては始まらないことも知っているが、どうもスポーツは肌に合わない。

ところで、このなでしこジャパンの「「アメリカに勝った」という見出しには、私の「三つ子の魂」が反応した。私は1941年4月生まれで、その年の12月に大東亜戦争(太平洋戦争ね^^)勃発という歴史の中で4歳まで防空壕を出入りして育った。

言葉を覚えた私が口ずさんでいた歌は、「敵の自慢のへなへなトンボ、たたき落として粉みじん」とか、「出て来いミニッツマッカーサー、でてくりゃ、地獄に逆落とし~~」とかいうものだった。私は4歳にして反米運動やっていた世代だ^^。なんちゃって・・・

だから、サッカーの何ものかを知らず、ミクシのニュースの項目に、「日本がアメリカに勝った」と言うのを見た時、思わず、大日本帝国バンザーイとは、いわなかったけれど、いい気分だった。

だから、スポーツって嫌いなんだけど、三つ子の魂は怖いね。

:ξ(`▽´)ξ: クックック