合わせ名人

雨の音を聞いて目を覚ました。

実は今日来客がある予定だったのだが、接待の準備をした直後、キャンセルになり、一人暮らしの問題で、用意しすぎた食べ物を無駄にしたくない思いから、近所の方を昨夜招いた。

このところ、8時に寝る習慣になっていて、夕方に他人を招くなどと言うことは、なかった私にとって、疲労が激しく、1日テレビも何も見ず、寝た。だから天気予報もみなかったので、今朝の雨が意外だった。

大事な自転車に覆いをかけたかなあと気になり、朝の3時に戸をあけて庭を覗いた。自転車は無事で、植物たちはぬれていた。

ところで、エルサルバドル人を相手に、「大司教暗殺」の額に入れたキャビネ大の写真、貸したんだけど、なかなか返してくれないので、もう、あげちゃおうと思い、自分のために新たに、半切の写真を作った。其の額縁を画材屋にいって、綺麗に飾ったのだけど、写真を貸す時に、標題も一緒につけたから、それもない。で、その表題をまた作って印刷しようと思った。

ところが、其の印刷用のソフトは昔のパソコンにはインストールしていたけれど、今のには、ない。コクヨのラベル用紙に印刷したのは、自分だから、できないはずがないのだけど、なにしろ、そのソフトの名前とか、何処で見つけたかとか、その関係の記憶を全く喪失して、骸骨をどうたたいても出てこない。

仕方がなくて、ラベルを作った当時、いろいろ手伝ってもらった二人の人物と、無関係だけど、どういうものが欲しいかを言ったら教えてくれそうな人に、連絡をとって、尋ねてみた。ところがこちらがうまく伝えていないのか、わかるような返事が返ってこなかった。

それで、若い人ばかりいる、しかもかなり親切な人が多いコミュの中で、これこれこういうことがしたいが、記憶喪失でどうしてもその無料ソフトのサイトにたどり着かないけど、何とか知恵を貸してほしいと書き込みをしたところ、反応があった。

其の名前が「合わせ名人」。

そうだった。「合わせ名人」だった。キャッキャと喜んで、インストールして見たら、できた!

で、いま、凄く感動している。

あ、今、家の庭先で、鶯が鳴いている。うれしいなあ。うちの木には違いないけれど、姿が見えない。ここいらにはもう、高い木はうちにしかないから、ずっといてくれよと考えながら、目を凝らして眺めたが、見つからないうちに、声が遠ざかって行った。

鶯や 宿にしたまえ わが庭を

ウグイスの 癒しの歌や ハンモック