naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

クラシック

以前にラジオチャンネルと言うサイトがあった時、とあるクラシックの部屋にはいったら、毎回、グリュミオー演奏のバイオリン曲をかけているところがあった。

その音色の美しさに感動して、アマゾン経由でCDを買い集めた。その後、何度かパソコンを買い換えたため、人様にもらってインストールした曲は、バックファイルに入れたものでも聞けなくなった。技術がないから、なぜだかわからない。

それでも気分を落ちつけたいときはクラシックに戻っていく自分の傾向に抵抗できず、クラシックのチャット部屋にも入ったけれど、なんだか気を使うので、一人で聞くのが一番いいと考えて、毎回手持ちのCDを入れて聞いている。

音楽の世界で、なにが好き、と言うのは、おそらく子供の時の環境のせいだろう。安定した精神状態のときは、ジャズだろうが演歌だろうが、聞こえてくるものに、不愉快を感じたりはしないが、落ち込んでいるときは、まったくそれらは受け付けない。聞けば余計落ち込むことさえあるので、雨の続く今の季節は、一人で自分の好きな音楽を聴いている。

たぶん、「聞いている」と言うより、自分を育てた音楽の精の懐に回帰しているらしい。