naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

変な歌、思い出したぞ

変な病を得て、昨日から絶食している。薬だけ飲んでいるから、もうろうとしちゃって、へんてこな歌を思い出した。

ハッキリ覚えていないけれど、昔野坂昭如が歌っていた歌で、

はらはらとはらはらと桜散りますはらはらと、ひりひりと、ひりひりと傷がしみますひりひりと、ふらふらと、ふらふらと、街をゆきますふらふらと、へろへろと、へろへろと、酒に酔いますへろへろと、遠い春の思いでは、ほろほろ涙こぼれます~~とかいうのがあった。家の中を夢遊病者のように歩いていたら、あれ思い出しちゃった。

あれをうたった頃、自分は若くて、ひどく荒んでいたけれど、まったく遠い春の思い出だな^^。

若くてあほらしい時代を生きて、自分もきちんと婆さんになった。父の年齢を20年も超えて生きてきたくせに、病気になると、変な時代の歌思い出すんだな。

ところで、野坂昭如、生きているんだろうか。