また、自転車の話

自転車事故が多発しているそうだ。私が自転車に載る度に頭にきている交通ルール無視なんて序の口で、ブレーキのない競技用の自転車があるそうだ。江戸川自転車道を走っているときに、突風のように通り抜けて行く車輪の細い自転車を知っているけれど、あれが競技用の自転車で、ブレーキがないのだとは、知らなかった。

私は人と競う気もなく、特に鍛える気もなく、ただ楽しみのために自転車に載っているから、時速15キロでも、別にかまわない。あの道路では、となりを通りぬけて行く自転車で、私より遅い自転車なんて見たことがない。ニュースで見たけれど、あの競技用の自転車は時速70キロにもなるのだそうだ。ほとんど、怖わ!

その手の自転車は公道の走行は禁止だそうで、警察は摘発し始めたらしいけれど、私が怖がっているのは、見る間に通り過ぎていく疾風のような自転車でなくて、道交法を守らないというより、たぶん道交法を知らない間抜けな爺婆や、何を言っても聞く耳を持たない若い動物が運転する自転車だ。たちの悪いのは、子供と一緒に横並びで、道路の真ん中を逆走してくるバカ親で、自分のやっている間違いを指摘されただけで、逆恨みで殺しそうな連中だ。

あれを警察が取り締まらない限り、自転車の事故なんて、どんどんふえる。

ニュースを見ながら、歯がゆいので、投書でもしようか、と考えた。