naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

秋の前触れ

昨夜はひどく寝苦しくて、何度も起きた。今日から気温が下がると予報にあったけれど、それは午後からの事らしい。目が覚めたときは、相変わらず暑くて、今日もぐにゃぐにゃして過ごすのかとうんざりした。

夜中、冷房をつけたり消したりして過ごしたが、なんだか、頭が痛む。頭痛は子供のころの持病だったけど、最近は忘れていた症状だ。この頭痛、なんだろうなあ、と考えたが、大事なしと勝手に判断して起きた。

テレビつけたら、くだらないニュース。民主党の代表選挙。みんなドングリだし、言うこと信じられないし、外国に対して腰ぬけだし、権勢欲しかなくてみっともないし、顔だって、ハンサムはいないし、いらいらして、テレビ体操の予約だけセットして、消した。

外は、2時ごろから蝉しぐれ。蝉は全然寝ないらしい。後は鶏に餌やって、雨が降る前に少し、庭掃除でもするかと思って、寝室のロボクリーナーをセットした。何処の部屋がきたなくても、寝室だけは清潔にしたいからね。

少しでも涼しくなったら、大幅に展示室の模様替えをしようと思っているので、あまり掃除していない。なけなしの力を保存しておきたいから。

朝の仕事が終わって、庭の掃除も一段落したところで、雷の音がした。未だ8時半だったけれど、そろそろ予報の雨が来るのかと思って、家の中に引き上げた。いつも自然の明かりで読書をする窓際でも暗くて文字が読めない。いよいよ来るか、換気に朝明けた窓を閉めた。

今日は生ごみ処理機の生ごみがいっぱいになっていたので、それを一旦庭のゴミだめに入れ、容器を洗った。処理機は下に汚水がたまるような装置になっていて、たまったその恐ろしく臭い水は、植物の肥料に使えるようになっている。で、其の汚水をペットボトルに入れ替えるときに、手が汚水だらけになって、いくら洗っても臭気が抜けない。こんなことをよくするよ^^。

お!そうこうしているうちに、強風に乗って、凄い雨!