携帯のストラップ

携帯が使えなきゃ、原始人みたいに思われる世の中で、私も携帯を1台持っている。いろいろと、登録するときに当たり前のように請求されるから仕方ないけれど、持っていたって、ほとんど使わない。昔家族がいたときは、それなりに仕様の必要があったけれど、家族もいなくて、しかも出かけることもないから、原始人のままでいいのだけれど、たまには「いざという時」があるもので、一月に一度くらいは使っている。

で、其の携帯、目も悪いから文字入力がつらくて、練習もしないし興味もないから、いまだに電話機能以外には、使えない。ところが、偶に出かける時、移動中の電話の必要があって、持ち歩くのだけど、いつもどこに入っているのか、わからなくて、その必要性から、ストラップと言うものをつけた。それもわざわざ買ったのではなくて、ダカラというスポーツドリンクを買ったら、たまたまくっついてきたスナフキンのキャラクターがついていた。ムーミンの物語の中で、スナフキンが特に好きだった私は、喜んでつけていたのだけど、それがどこかで落ちてなくなってしまった。

ちょっと惜しいと思った。あれはどこかで売っているものではない。なくなった、なくなったと一人で騒いでいた時、或るネッ友が全く同じものをくれた。喜んでそれをつけて歩いていたのだけど、それがまたどこかでとれてなくなった。ほとんど使わないのに、と思って、悔しかった。

ところで、携帯になんかくっつける目的は、バッグのポケットからストラップだけを出して、所在をはっきりさせるためだけなんだけど、やっぱりこだわりがある。私はピカピカしたものやキラキラしたものや、「かわいい」とか言われる薄気味悪いキャラクターをつける気にならない。

昆虫とか、動物とか、鳥なんか、ないかなあと思って、この前ダイエーに行った時探し回った。ところがストラップの正規の売り場にはピカピカキラキラちゃらちゃらの物しかない。どうしても買う気にならなかった。

で、ぶらぶらしていたら、趣味的な置物が置いてある店があって、見物だけでも面白いから、入ってみたら、そこに、蛙のストラップがあった。昔薬屋に置いてあったケロちゃんみたいなやつでなく、木彫の面白い蛙。お!と思って、買った。

これ、なくしたくないな、と思った。私としてはこういうのが「かわいい」。

携帯をバッグに入れて、所在をすぐにわかるようにするためには、どうすればいいんだろう。なんて、今考えている。