まいった


昨日は疲労のため、1日眠ったり起きたりしていた。

早朝4時前に起きて、外回りの雑草を抜き始め、「一段落してから」と勝手に考えて3時間続けた時、汗みどろの上、少しふらふらし始めたのに気がついた。それで「一段落」しないうちに抜いた草を放置して家に入り、しばらくお風呂に浸かっていたが、なんだか疲労がとれそうもなかった。

腰痛の薬だのグルコサミンだの、スポーツドリンクだの、みんな飲みこんで、それからしばらく寝たのだけど、どうしても疲れがとれない。絵を描くどころか、日記をつける元気も出なかった。

夕方になって、ほんの少し日が陰ってきたころ、ちょっと自転車で走ってみたくなり、マルエツまで行ったのだけど、入り口に、ウナギの屋台が出ていた。そういうつもりはなかったけれど、1匹は高いけれど、1串680円とあったので、それを買って、そこいらを一回りして、帰ってきた。

ウナギって、食べなければいけないわけではない。でもテレビでも、ウナギウナギと言っているし、いつもない屋台が出ていて、ウナギを焼いているのを見たら、ひょっとして土用のウナギを食べるのは日本国民の義務かと思ってしまって、買っちまった。

そういえば、主人がウナギ好きだったなあ。

今日は危ないから、早朝に目が覚めたが家の中の掃除を少しして、庭掃除と、昨日放置した草を2つの袋に詰め込むだけにして、家に戻ったが、なんだかやたらに暑い。暑いだけで疲れが出るのかもしれないと感じるほど、どうしようもない暑さだ。