naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

クリスマスプレゼント

エルサルには、私個人の付き合いがすでにない。だから娘の関係者にクリスマスプレゼントを贈りたいと思っても、何が良いかわからないので、昔よく作っていたフルーツケーキを作ろうと思った。実はこれ、高校時代、まだ分量表示が「匁」だった頃、家庭科の授業で習ったケーキで、実に娘が12歳まで、高校時代のそのノートで作っていた。

ところがいくらなんでも、そのノートも、別の資料も持ってきていないし、まさか覚えていない。さんざん考えた挙句、とうとうネット検索に頼った。似たのが出ていたので、試しに作ってみた。

ところが、今度は娘のうちの、全然使っていないオーブンの使い方がわからなくて苦労して、最初の試みは、みじめなものになった。だんだんと慣れてきて、とうとう昨日、6個一気に作った。

金色の紙に包んで、リボンをかけたら 立派なプレゼントになった。いろいろなものを買っても、相手の好みを知らないし、食べてもらって、残りを残さないようにする方が賢明かなと思った。

イメージ 1

下は、主人がいただいた豪華なクリスマスプレゼント

イメージ 2

イメージ 3