世界はコロナ一色

世はコロナで大変らしい。私はコロナのはやり始まる寸前に骨折で入院、全治3か月。今は自宅療養中だが、コロナに出会う方法もなく、天井を眺めて暮らす生活。時々リハビリ散歩をしているけれど、ほとんど人間ともすれ違わない。これって、不運か幸運か疑問。

コロナっていう言葉は、聖人の頭に描く輪っかのことだけれど、ウイルスの形がそれに似ているの?コロナの発生地のせいで、東洋人は世界で差別されているらしい。まあ、イタリアでも蔓延しているのに、東洋人ばかり差別されるのは、やっぱり白人優越主義のためだろう。

白人てなんでああ、凶暴なんだろうね。自分たちの凶暴を棚に上げて、有色人種を野蛮人野蛮人ていまだに思っているらしいけれど、白人の凶暴さに勝る有色人種はいないよ。

まあ、どうでもいい。私は骨折のおかげで、コロナにかかるチャンスがない。

でもそろそろ三輪車が欲しいな。歩くのはつらい。

昨日リハビリのため病院に行って、ついでに裏のスーパーに行ったら、世で大騒ぎしているトイレットペーパーがあったよ。一つつみ買ってきた。マスクはないらしいけれど、私は万年のどに問題がある人間だったから、マスクは大量に保存していた。風邪のはやる時期は、マスクして自転車乗り回していたから、マスクに困っていない。

でも、マスクもトイレットペーパーもない時代を私は知っているから、なんで候、皆大騒ぎしているのか不思議。つくりゃいいじゃん。湧くものじゃないし、なきゃ作るべし。便利な時代に生まれてい来たら、食べ物も、コイン入れたら出てくると思っていて料理もしないんだね。人間退化すれば、滅びの一途。

竪穴住居に戻れば、なんか知恵がわきますよ。