naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

「この世で出会った動物たちの物語7」11月27日

「ちょっとペットを離れて自由な動物たち2」アルマジロ

 

日本には、アルマジロはあまり知られていない。私も日本で生活していたころ、アルマジロという動物の存在を知らなかった。

 

ところが、私がエルサルバドルで暮らし始めて、珍しい動物によくあったが、アルマジロと呼ばれる動物は、庭に出没するほど、よく見られる動物だった。おまけに市場に行くと、足を縛られてアルマジロが売られていた。今は禁止されているけれど、それは食用に売られていたので、ちょっとショックだった。初めて出会った動物なのに、なんだか気の毒で、心が痛んだ。(というのは私の勝手。日本じゃクジラを食べるのは対して奇妙なことではないのに、禁止条約ができるほど、ある国の人にとっては鯨を食べるのは異常なことらしい。)

 

ところで私はこのアルマジロがすごく気に入った。庭に出没するので愛情がわき、散歩がてらにアルマジロの置物を見つけると買いあさった。自分でも絵を描いたけれど、なんだかよく売れるので、手元にあるのはほとんどない。

f:id:naisentaiken:20201127101534j:plain

これははく製

f:id:naisentaiken:20201127101612j:plain

これは私の作品

f:id:naisentaiken:20201127101651j:plain

アルマジロだらけの我が家の飾り棚(下にうろうろしているのは中南米各国のアルマジロ)

f:id:naisentaiken:20201127102254j:plain

アルマジロの親子(私の作品)

以下は奇木に描いたアルマジロ集

f:id:naisentaiken:20201127102602j:plain

既売品

f:id:naisentaiken:20201127102618j:plain

既売品

f:id:naisentaiken:20201127193337j:plain

f:id:naisentaiken:20201127193757j:plain

サボテンの中のアルマジロ1

f:id:naisentaiken:20201127193614j:plain

サボテンの中のアルマジロ2

 

f:id:naisentaiken:20201127102723j:plain

既売品(ドアノブかけ)

f:id:naisentaiken:20201127103145j:plain

アルマジロだけを飾ってみた。

というわけで、私はアルマジロの大ファンになった。現地にいた時は、よく旅行客が訪れる店で、アルマジロしか探さなかった。なぜだかそれはわからない。でも好きになると人間ておかしな行動をとるらしいです。

でもさすがアルマジロの装身具はなくて、身に着けているところまではいかなかった。

ちなみに、私の最初のネットの中のペンネームは「在間次郎」(あるまじろう)です。