naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

「在間次郎(アルマジロ)の物語」2020年12月17日

 私は今虎を名乗っているけれど、ネットデビューした初めのころの名前は「在間次郎」だった。中米エルサルバドルに行って、最初に出会い、気に入ってしまった動物がアルマジロで、アルマジロを題材にいろいろ絵を描いて、ペンネームも「在間次郎」にしたんだった。だから以下は自画像ね。

 

f:id:naisentaiken:20201217152519j:plain

アルマジロはエルサルバドルの庭に出没していたけれど、それが面白くて、生きたのほしいなと思ってメルカードに行ったら、食用として売られていた。なんだか気の毒で、私は仕方なくてはく製を買った。

f:id:naisentaiken:20201217152801j:plain

で、そのデッサンを散々描いた。

それがこれ。

f:id:naisentaiken:20201217152850j:plain

 噂によればアルマジロは真ん丸になるそうだけど、中米のアルマジロは姿が永細いので半円形にしかならない。

南米のアルマジロは、こんな風になるそうだ。↓

f:id:naisentaiken:20201217153051j:plain

 これは絵だからこれから想像するのは難しいかも。でも、ネットにいろいろ載っている。私は南米のアルマジロにお目にかかっていないから中米専門。

f:id:naisentaiken:20201217153250j:plain

エルサルバドルの庭でこんな風に絵を描いたけど、今これ、どこかに紛失。↓

f:id:naisentaiken:20201217153423j:plain

 写真、下手なんです。絵もはっきりしません。ところで、アルマジロの後ろにある赤い花は、「ポインセチア」と日本で呼ばれている花だけれど、庭先に当たり前のように生えて咲いている。思い出したけれど、今クリスマスシーズンで、どういうわけか、日本はポインセチアがクリスマスの花ということになっていて、店はこの花の造花で満ちていて、花屋もポインセチアの鉢植えだらけだ。でも、エルサルバドルではポインセチアは「クラベル」という名前だったかなあ、垣根の花として、垣根一杯に真っ赤っかで、本人は特にクリスマスに咲こうと花自身は決めていないようだ。

 しかもね、クリスマスツリーのツリーがヒイラギでなくて、でっかいサボテンだったから、びっくりした。サンタクロースがサボテンとげで、痛そうにしがみついていた。

(クリスマスの話題としては異常すぎたかな^^)では、また。