「在間次郎(アルマジロ)の物語3」2020年12月20日

アルマジロからできた楽器

★チャランゴという楽器がある。小さな弦楽器だけど、面白いからほしがっていたら、エノクがエクアドルに出張に出た時買ってきた。安かったとか言っていたけど、折れた跡があって、もしかしたら騙されたのかも。

でも、飾りとしては問題ないから、こうして壁に掛けてある。

f:id:naisentaiken:20201220121931j:plain

f:id:naisentaiken:20201220122001j:plain

私はこの楽器を弾けるわけではないが、こんな風に抱えて弾くらしい。

f:id:naisentaiken:20201220122106j:plain

日本にも、チャランゴを作る人がいる。今度1月8日から2月8日まで横浜JICAの会館で孤高されるNOSOTROSという中南米のマニアたちの作品展示会にも、チャランゴが出るらしい。私は油絵専門。もちろん出品予定。

これは私が描いたチャランゴのデッサン。そのうち、油絵も描きたい。

f:id:naisentaiken:20201220122717j:plain

f:id:naisentaiken:20201220122738j:plain

実はエルサルバドルで見たチャランゴは、頭も尻尾もついていた。今はチャランゴをアルマジロで作ることも禁止になったらしい。以上