「中米内戦体験絵画」3

庶民の暮らし:とはいっても、真剣すぎた。

f:id:naisentaiken:20201224092242j:plain

「薪を売る少女」その当時、エルサルバドルの庶民の子供の50%は就業していた。かっぱらいだろうが、物売りだろうが、「就業」である。

f:id:naisentaiken:20201224092439j:plain

この子はバスに乗って歌を歌い、袋に献金を集めていた。これも「就業」

両手がないから、あるのは声だけ。声で稼いでいた。

f:id:naisentaiken:20201224092715j:plain

当然、これも「稼ぎ」です。

ああ、miserere nobis!