naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

私は枇杷に二回救われた

私は枇杷に二回救われた

 

★咳が治った話

 表題に書いた「枇杷」は日本の初夏に出る果物で、オレンジ色の皮に茶色の種が入っている。我が家に大きなビワの木があって、今いる家に引っ越してから数年たってから実がなりはじめた。どおって言うこともない味だけど、食べられるんだから食べていた。

 

f:id:naisentaiken:20210621183210j:plain

 

葉っぱはガサガサして時々剪定しないと、ベランダに覆いかぶさって厄介だ。ところでこの枇杷に私は救われたことがある。救われるって言っても別に新しい宗教の話ではない。

 

f:id:naisentaiken:20210621183247j:plain

もうずいぶん昔のことだけど、家族が国外にいて一人暮らしをしていたころの話。 

 

ある12月初め、1日中外に出ていたことがあって、帰ってきてからしばらくしてから咳が出始め、その咳が止まらなくなった。夜中席で寝られず、朝も咳が出続け、寝ていることも起きていることもどうにもならなくなり、電車でインフルエンザでも移されたかな、と思って這いずるように医者に駆け込み、薬をもらって帰った。それを1週間のんだけど、飲んでいる間中咳が止まらず、とうとう夜中立ったまま壁に頭をくっつけて咳をし続けた。

 

その時ふとかすめたのが、「枇杷」だった。かつて、兄嫁が言っていたのだけど、枇杷の葉っぱって色々薬効があって、咳なんかには効くということ。其時は特に必要なかったから聞き逃していた。

 

それを思い出して、夜中にベランダに行き、ビワの葉を数枚とった。それをふろに入れて、しばらく沸かしてその中に入った。首と胸のビワの葉を押し付け、それから枇杷をのどに巻いて寝た。

 

その夜私は咳もせず、静かにぐっすり眠ったのである。次の朝目が覚めて、ああ、咳が出なかった、いったい何だろうと思った。それで一日中枇杷の葉をのどに巻いていた。医者の薬も何も利かなかったあのしつこい咳が嘘のように止まった。以後私はビワの葉の効用を不思議に思いながらも、葉を煮込んでお茶を作った。咳は二度と出なかった。

 

以下の写真は最近作ったもの。

 

f:id:naisentaiken:20210621183330j:plain

でも、この話は10年以上前のことで、しばらくの間、枇杷茶を飲んだりしていたが、そのうち忘れてしまった。

 

★骨折の後で

 

1年半ほど前に、私は駐輪場に入れた自分の自転車を引っ張り出すときに、自分の自転車の上に2台の自転車が重なっていたのを無理にどけようとした。そのとき、のけぞってひっくり返り、仰向けに倒れた。私は背中をしたたかコンクリートブロックに打ち付け、骨折して、救急車で病院に運び込まれ、入院した。

 

退院後、私はずっと発熱に苦しみ、おまけに背中と足の付け根の骨に異常が見つかって、要介護認定1の診断を受け、薬を処方され、週2回リハビリに通い、それ以外は寝たり起きたりの日々を過ごした。

 

記憶力もおかしくなり、世界がぼんやりしていた。人との会話がかみ合わず、話しかけられると、ぼーっとして相手を見ていたりするから、気持ち悪がられた。それでも体のほうは、やっと自転車の前に使っていた三輪車を扱えるようになって、15分くらいの近隣の往復ならできるようになった。

 

ある時、歩いて15分くらいのところにあるマルエツに行った帰り、道に迷った。近隣の道だからどこをどう曲がっても、覚えている道だったが、迷いに迷い、とうとう3時間かけて家に戻った。怖くなり、以後、出かけるのを控えた。

 

運動不足のせいか、腰の痛みが激しくなり、もう、右足の付け根が痛んで片足が動かせず、腰痛は半端ではなかった。その時また思い出したのが、枇杷だった。ああ、枇杷が助けてくれるかも。。。

 

ちょうど枇杷のなる季節で、ベランダから手の届くところになっている枇杷をとって食べた。それから家人に手伝ってもらって、枇杷の枝を下ろし、大量のビワと大量のビワの葉を収穫した。

 

その夜、私は枇杷の葉湯につかった。ビワの葉を洗濯に使う袋に入れ、湯に入れてしばらくたくと茶色の湯になる。枇杷の葉入りの袋を痛いところにあてがいながら、枇杷湯につかった。ふろの湯が茶色だと、汚く見える。でもこれがすごい薬用のある湯なのに、家人が汚がってすぐ捨てる。どんな西洋医学も私の痛みを直せなかったくせに、茶色の湯に入っちゃいけないなんて、困ったもんだ。

 

f:id:naisentaiken:20210621183444j:plain

 

 

その夜、収穫したビワの葉を痛みの激しい腰と足の付け根に張り付けて眠った。

 

なんて言うことだろう。私はその夜ぐっすり眠った。あの痛みが取れ、夜中目が覚めてトイレに行くとき、這っていったのに、無意識に私はすッと立ち上がって、当たり前みたいに歩いてトイレに行った。

 

え?今、私は歩いたぞ?

 

骨折治療後、要介護認定1という結果を受け、自宅の二階に上がる階段に、手すりを付けてもらった。その階段も登るとき、手すりにしがみついて上ったのに、足がすたすたと、階段を上がるのを、私は他人事のように感じた。家の中も外も歩くとき、杖にすがっていたのに、杖なしで自分が歩いている。

 

え?歩いている。

 

驚いた私は、ネットで、枇杷の効用について調べた。

http://www.biwamin.jp/reason/loquat.php