naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

面白い話

嘘と本当

 
以前書いたことがある面白い話。: あのさあ。嘘ついちゃいけません、て小学校で習ったの。で、正直にしていたらその小学校退学になっちゃった。
キリ教の学校でね、ベールって言う白い布を信者はかぶるべしって言う掟があってね、私はボーンキリ教徒だったから、被っていた。それが死んだ姉の形見だったんだけど、古いから黄ばんでいたの。
それを白くない白くしろ、ベールの色はこころの色ですって言ってシスターに追いかけ回されること3年間。ふとそう言うシスターのベール見たら真っ黒なのよ。
でさ。あ、黒いって言っちゃったら、退学になっちゃった。だからやっぱり正直は罪よ。
ところでね、この話60代まで引きずっていたの。小学校で退学なんていう経歴忘れるわけないじゃん。
でネットで出会ったある未知の仏教徒とかなり深い宗教論争をする仲になってさ、この話したら思わぬ反応が来たよ。
「虎さん(私のニックネーム)神様にすごく愛されてるねえ。そんなヘンテコな学校から救い出してくれたじゃん。退学は神様の仕業だよ。そんなところに居続けたら成長してウッカリすると政治家になっちゃったかもしれないのに、キチンと正直のまま50年以上生きてんじゃん。神様ってすごいねえ。」