私の愛車の宣伝

67歳にして初めて自転車というものに乗りました。66歳まで、歩いていて、やたらに転倒してけがをするため、杖をついていました。ネットで出会った友人が、ある時、うちにやってきて、お前はバランスが悪いのだ,といって、16インチの自転車を置いて行きました。私が自転車に乗れないということを知らなかったのです。

友情に感じて、私はそれから半年、朝の4時に起きて100転び101起きで、おおげさにヘルメットをかぶって、練習を重ね、半年で、漕げるようになりました。乗りまわせるようになったら、荷台のない自転車では、実用に向いていないので、買い物用に荷台つきの3輪車を買いました。このパナソニックの三輪車です。

以後だんだん行動範囲が広くなり、手放せなくなりました。よろしく