naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

雨の日

雨の音で目が覚めた。じゃあ、今日は家の中の掃除をしようか。と思って掃除を始めたんだけど、ふと時計を見たら、まだ3時だった。

ダニ取りシートというものを買った。我が家は全館絨毯で、ダニが育つ環境としては、非常に適している。いつまでも治らない背中のかゆみに、私は疑問を持って、ダニが家じゅうに充満しているのではないかと思いいたった。それで買ったのが「ダニ取りシート」。この前蜂ジェットを買う時に一緒に買った。

布団の下に敷こうと思うが、とにかく干してからがいい。と思ったら、雨になった。じゃあ、雨天を利用して家じゅうに掃除機をかけるか。一番怪しいところが、ベッドの下。ベッドの下は配置の関係で、なかなか掃除機をかけられない。ダニにとっては格好の繁殖場だろう。そう思って、朝の3時から腹ん這いになってベッドの下に掃除機を入れた。腰をひねるとそれでアウトなので、おそるおそる。

雨が激しく降っているので、カーテン開けて外を見たら、案の定、毛虫のいた枝の下の雨どいがあふれている。明日でも晴れたら、かぶとかぶって、上って雨どいのごみをとってやろう。手順をいろいろ考えている。クレージーキャッツのメンバーが自宅で階段を踏み外して脳挫傷でなくなったというニュースを聞いたら、人ごととは思えなかった。2年前まで、私はよく自宅で転倒して、頭を打って転がっていた。危ない。うちの中であのヘルメットかぶろうかな。

しかし、いろいろかたずけものをしていて、私がアトリエと呼んでいた6畳の部屋に入ったら、描きかけの絵だの、固まった絵の具だのが目についたら、また絵を描く気になった。自分の心がその方向に動いているのを感じている。

ところで、ゴミ出しに行って、気がついたのだけど、昨日放置した枝の山が、崩れて、交通障害を起こしていた。しかたがない。ビニールの雨着をきて、雨の中をかたずけ始めたのだけど、雨の中の作業って意外と大変で、傘ほうりだして、とりあえず撤去作業をしたので、ずぶぬれ。

今日は涼しいそうだけど、作業のせいで、すごく暑くなり、水風呂に飛び込んでやっと落ち着いたのが7時半だった。

ニュースを見ると不愉快になるから見ないようにしているので、見るのは韓国ドラマばっかり^^。

韓国ドラマは、なんだか、日本の映画より、ひきつけるね。日本のドラマは、ひどくセリフが不自然でときには気障で、見ていられない。「チュモン」と、「妖婦チャンヒビン」(漢字かけない)というのを見ているけれど、あの迫力に脳しんとう起こしそう^^。しばらく別世界で遊ぼうと思う。