松戸まで

朝、ちょっと枝を切ってから、松戸教会まで行ってきた。坂川のほとりをただまっすぐまっすぐ自転車を飛ばしたのだけど、市内についたら、町中、祭りをやっていて、出店でごちゃごちゃしていて、交通規制のために、遠回りを強いられ、20分ばかり遅れてしまった。
 
10月は、松戸教会も、亀有教会も、母校の高校も、バザーがある。
 
今となっては、バザー参加も、乗り気になっていないのだけど、亀有と、母校から案内が来た。店を出すのは、もう、やめるつもりでいたけれど、何とか行くことができるくらいに近い亀有だけ、出すことにした。自転車は漕げても数時間店番というのは、腰痛がひどくなる。母校のバザーは遠すぎて、たぶん体が持たないだろう。いつも手伝ってくれた同級の友人が、亡くなっちゃったので、もう、気が抜けてしまったのだ。
 
亀有の教会というのは、松戸や豊四季と兄弟関係というか、協力関係にある教会で、一度参加したら、そのあとずっと案内が来る。松戸を退会した1年後の去年は、来なかったから、もう、忘れられているか、削除されているものと思っていたら、今年は、呼びかけがあった。どの教会からも縁を切ってしまった関係で、その呼びかけがうれしかった。まだ所属になっている豊四季からは、まったく音信がないからね^^。
 
亀有で、手持ちのものを放出しようと思う。
 
実は、25歳のときにスペインから持ち帰った、スペイン刺繍のテーブルクロスが、大事に大事に、まだ使わずにしまってある。冥土の旅に持って行ったってしようがないので、もう、処分してもいいころだ。あとは手持ちの民芸品も、手放そう。もう、ものなんかどうでもいいや、という気分になっている。
 
少しでも売れれば、杭を買いたそう。明日、また雨らしいね。