電話による勧誘にご用心

いろいろな詐欺の手口があるらしい。しかも、婆さんがターゲット。婆さんは、ちょっと優しい声を出すと、騙され易いらしい。私のところにも、あの手この手を使って、電話がかかってくる。「ちょっと優しい声」を出して、「儲かる話」をしかけてくる。

うるさいから、「私がいつ、金がほしいと言いましたか?」と言ってやると、ちょっとぎゃふんとするらしい。ばかめ。だれでもかれでも金の亡者だと思うなよ。

昨日かかってきたのは、「楽天銀行」を騙るやつ。楽天銀行口座開設に関するさそいは、毎日メールでうんざりするほど送られてきて、まるで読まずに削除しているが、電話というのは初めて。あーだ、こーだとやり取りしているうちに、だんだん、楽天銀行そのものじゃなくて、その「分かれ」だとか言いだした。電話番号や私的な携帯番号まで知らせてくる。その番号、ここに発表しちゃってもいいけれど、どうかな^^。

私の情報は、どこから調べたのか、と聞いたら、楽天だという。だんだんおかしいことを言い出した。そろそろタヌキのしっぽを出すか・・・

最後に、自分を信用してもらうために、私の家まで来て、個人的にお話ししたいとか言い出す。じゃあ、警視庁にいる弟を同席させますがいいですか?と言ってみた。それでもどうぞという。で、確認のため、この住所でいいでしょうか?と、相手が言うので、言わせてみた。その住所は、以前に住んでいたところで、すでに家は取り壊されて更地として売られ、2軒の家が建っている。

そこに住んでいた時代、私はネットなんかできなかった。当然のことながら楽天とのかかわりがなかったから、楽天から情報が流れたというのは、全くのウソ。

その住所を聞いた途端、なるほどね、と笑って、私は電話を切った。

楽天さんよ、有名なもんだから、詐欺の手口に使われていますぞ^^。