発熱下着

冬は、何かと問題が多い。寒いからと言って、毛のものが入った下着を着ると、肌がアレルギーを起こすので、私はいつも木綿の下着と決めている。そうすると、寒いので、肌に触れないところに重ね着するから、厚着になる。そうすると、今度は肩がこる。運動がしにくく、運動不足になり、別の病気を併発する。
 
ところで、下着の研究も進んでいるらしく、肌にアレルギーを起こさず、しかも薄手で暖かい下着、というのがどんどん出てくる。スーパーの下着売り場は、これでもか、これでもか、と思うほど、新しい素材の下着が出てきている。「発熱」とか「保温」とか、書いてある。ヒートなんとかいう英語が踊っている。どうもそれは、着ると、下着が発熱するらしい。
 
ちょっとその変な下着を試しに買ってみた。
 
なるほど、薄い。今までの習慣で、、外出するとき腰にホカロンをつけるのだが、その不思議な下着を着て、ホカロンつけて、自転車に乗ると、ぐっしょり汗をかく。
 
今までにない汗なので、おや?と思って、実験してみようと思った。今、暖房を消して、その発熱下着を着ている。足だけは、例のぶにゃぶにゃ熊さんの湯たんぽを入れ、朝から、断続的に、パソコンに向かっているが、今日は、寒いという予報があったにもかかわらず、暖房なしで過ごせるように感じている。下着だけでぽかぽか、暖かい。
 
もしかしたら、同じ素材の靴下はないだろうか、あったら、熊さんもいらないぞ。
 

ヤフーショッピングでその発熱下着を検索してみた。南国から帰る主人に買おうと思う。