恋とか愛とかいうもの

私が、昔話をしていて、ふと、過去形で恋の話をした時、主人がしつこく、今はもう、自分を恋をしてないのか、と聞いた。答えなかったら、もう他のことはそっちのけにして、しつこく食い下がるので、ニヤニヤしながら答えた。

あのね、恋とかいうものは、科学的に言って数年しか持続しないことは証明されているのよ。だいたい、あの状態は、子孫を残すための一時的幻影に過ぎないのだから、子供が生まれたら、それでおしまい。女性の動物的本能は、子育ての方に向くのさ。男性はその巣を保護し、子育てに協力するという関係になる。それ以後の人間関係を云々したいなら、それは「愛」の世界であって、「恋」じゃない。「恋」はすべてを捨てて太平洋を渡るほどの原動力を発揮するけれど、今、自分には、太平洋を渡る原動力はない。一方「愛」の持続には、時と場所を選ばない。

彼、それ聞いて、唖然としていた。それから、少し納得したらしい。130分くらい経ってから、「君は哲学者だなあ」と言った。

なんだか、げらげら笑った。