naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

不思議な…

なんだろう、この現象・・・     

聖書講座に行った。一人、知りあいはいるはずだったけれど、初め彼女は見つからなかった。混んでいたので、仕方がない、目のために、なるべく前の席に着いたから、知りあいのために席を確保することができなかった。

必要なものをいろいろ出して、準備していたら、後ろから声がかかった。私の名前を確認するような声だった。はあ、確かに、私ですが…と言ったら、マスクをしたその女性は、わざわざマスクを外して、名を名乗った。じっと見詰めた。一般的な名前だったから、初め誰だか、見当がつかなかった。

急に、もしや?と思った。「あなた、ニシなの?」昔の愛称だったけれど、そう尋ねたら、やっぱり彼女はニシだった。

彼女、修道院時代の同僚…論争の仲間…。27歳の時に出会い、同じ釜のなべをつついた。なんという・・・!

彼女、まだ、修道女だった。私服だったけれど、その表情から、それと知れた。過去の登場人物が、次々と現れる、このところの現象…

なんだろう。何が起きるんだろう。