naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

娘のプレゼント

娘から、誕生日のプレゼントという名目で、荷物が来た。私がコーヒーコーヒーと騒いだので、凄くあわてて送ってきたらしい。なにしろ、今回、体調のことで、いろいろな人に世話になった。何をお礼して良いかわからないから、エルサルコーヒーが欲しかった。誕生日は23日。2週間も早いプレゼントだ。^^

イメージ 1



孫が日本語で、A4サイズのカードを送ってきた。バイリンガルにしようと思って、娘が日本語を特訓しているらしい。周りに日本語ができる人が母親しかいないから、たどたどしいけれど、ちょっと楽しみ。
 


中に娘が選んだ手錠みたいなブレスが入っていた。娘の趣味はなかなかいいけれど、今の私には、ちと重い。右肩の痛みはかなり広がっていて、テレビ体操も、腕が上がらなくなった。どうしても、左を余計使うので、なるべく軽い必要がある。腕時計だって、外しているから、ブレスはしばらく、眺めて暮らそう。眺めるだけでも、なかなかいいよ^^。
イメージ 2


それから、真夏のあっぱっぱ。今年の寒さが長引いているので、真夏のことは考えられない。一体夏って、来るのかな。なんて考えながら、眺めた。

パネラというサトウキビからとる、黒砂糖の塊も来た。注文したんだけど、カボチャを煮るときに使うの。物凄く硬くできているから、出刃包丁でたたき割る。案外、そういう野蛮なのが好きでね^^。少し残っていたので、暮に主人が来た時に作ったら、こんなのいつからできるようになったんだ、とか言って、エルサルバドルでさんざん作っていたのに、忘れていて、喜んで食べていた。サツマイモにも合いそうだけど。
イメージ 3


それから、もう一つは、内緒。一番待っていた品物。写真にもあるけれど、さ~~~て、なんだろ、これ^^。
イメージ 4