naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

新しい公園ができたらしい

川向こうの流山側に、ため池があった。ただ四角で、いかにも行政が便宜上作ったようなため池だったけれど、秋には水鳥がよく来て、自転車で散歩する時、よく青鷺の写真など撮ったものだ。
 
それが、去年ため池中心に大がかりな工事をしていた。噂では、流山市松戸市が共同で、このため池を公園に替えるらしかったので、ちょっと楽しみにしていた。
 
家から近い。坂川の脇にあって、マルエツまで行く途中だ。遠くはないけれど、中継地としては、楽しいかもしれない。
 
今日、リハビリに行く途中、そのそばを通ったら、池の周りはかなり整備されていて、花も植わっていた。細い木も新しく植えられていたから、もしかしたら、桜かも知れない。だんだん公園らしくなってきたなあ、と思って、時間があったので、ぐるりと回って見物したら、新しい藤棚らしいものが見えた。近寄って見ると、棚に寄り添って、まだ藁をかぶった細い木が見えた。たぶん藤だろう。
 
藤も私は大好きで、その季節になると、いろいろ見て回る。個人の家でも数軒、お寺と公園で3軒、見るところを決めている。こんな近くに藤棚ができたら楽しいなあと思って、近くに寄ってみた。
 
底には看板が立てられていて、この池に来る鳥類の種類などが書いてあった。藤棚のあるベンチに腰掛けて、鳥類観察か。しゃれている。
イメージ 1
 
記念に一枚撮った。
ところで、家を出るとき、玄関から上を見たら、なんだ、あの山桜、ここからが一番いい眺めじゃないの^^。
 
イメージ 2
 
イメージ 3