naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

ハスの絵



イメージ 1
不思議な絵だ。この絵を描き始めたのは、3年前、ネットの中で出会った真宗男との出会いをきっかけだった。我孫子の池に誘ってくれた人がいて、その時見たハスを描き始めたんだけど、なかなかまとまりがなくて、長いこと放置していた。

ところが、1月前かな、ある友人のご母堂が危篤だという知らせを聞いて、なんだか再びこの絵に向かい始めた。私は仏教徒ではない。ハスも、我孫子の方にある池のハスを眺めに行って、描いたものだ。

でもなんだか、会ったこともないとはいえ、人の命の行く末が気になり始めてから、どうもこの絵が気になった。ハスの方から、オイ、早く俺を完成させろと言っているみたいに感じた。それで、この絵を描きながら、命のことを考えていた。

実は絵が完成を見たころ、友人のご母堂は、あの世に旅立って行った。関係ないとしても…。ある思いが、ふっと浮かんで消えた。

真宗男は、2月になって得度して、4月に修行に入るということだったので、もう、ネットでは会えないと思っていたら、1週間ほど前、彼の名がヤフーチャットのリストにオンしていた。ちょっと声をかけてみたら、答えてきた。

それで、ハスの絵ができたよ、と言ったら、そうか、俺の母も逝ったんだ、という。 え!

改めて、自分が描いたこの絵を見た。お二人の命が、ハスの花になって、どこかに咲いているだろうか。などと、非科学的なことを考えた。