naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

あとちょっと支えてやるか

娘がスカイプで声をかけてきた。なんだろうと思ったら、また本が欲しいという。まあ、誕生日のプレゼントとしてなら、買っても良いよと言ったんだけど、その本が、また、マイナーな本ばかりだ。これ・・・

1)でんじろう先生のカッコいい!科学おもちゃ

2)ドラえもん&でんじろう先生のどこでもカガク! スーパー実験DVDブック 光と鏡のふしぎ

3)すごい!うちでもこんな実験ができるんだ!!―米村でんじろう先生のスーパー個人授業

4)でんじろう先生の超ウケる実験ルーム―みんなびっくり!

5)子どもにウケる科学手品77

変なものばかり、いったいなんだろうと思ったら、日本人補習校で、日本語で理科の実験を教えるのだという。なんでも、日本人補習校の人数が少なくなって、廃校の危機にあるのを、彼女、息子のために何とか食い止めようとしているのだ。

彼女、今年最終学年で、やっと薬剤師になる一歩手前なのだ。実験や試験で物凄く忙しくて、今までやってきた大学生の日本語の授業を続けると、息子の日本語を教えられなくなるから、日本人補習校の先生だけに絞った矢先だったのに、これがなくなると、万事休すだと言って、知恵を絞ったらしい。

そういわれて、注文の本を眺めてみたら、なかなか面白いじゃないの。この手の授業なら、相手が日本人じゃなくても、人数確保できるんじゃないかな、そう思って、アマゾンと、楽天ブックスと、ヤフーブックスを調べてみた。なるべくポイントが使えるところがいいから、今何とかなるほどポイントが残っているのはヤフーだ。

いろいろ探した末、全部ヤフーにあったので、ポイント利用で、半額になった。国際便は印刷物扱いでも高いから、中身をなんとか安くするため、凄く苦労している。

しかしまあ、彼女、自分の才能を生かす術も何とか編み出しているらしい。あとちょっと、支えてやるか。