naisentaiken’s diary

エルサルバドル内戦体験記

やっぱり体が動いた

起きたらすぐに眠くなる。これって、梅雨時の症状だろうか。ただの雨と思えばいいのに、梅雨宣言された途端に、気が重くなった。でも、火曜日から、何とか雨がいったんやむらしい。31日火曜日は、整形外科の診察の日なので、曇りらしいが、雨が降らないらしい。
 
でも、折角の梅雨の晴れ間、もっと有効に使いたいな。と思う。崖の最後の階段のことが念頭から離れない。植物の植え替えは、こういう季節が最適だから。晴れ間を縫って、なんとかしよう。
 
と、ここまで書いて、ゴミ出しに外に出たら、咲こうとしている紫陽花の花の上に蜘蛛が網を張っているのを見つけた。長靴にビニール合羽だったから、ちょっと世話する予定で、動き始めたら、やめられなくなった。ところどころに、挿し木もしてみた。つかなければ、またやる。そういうことを7年ばかりしている。
 
7年という期間、特に長いとも短いとも感じない。同じことを繰り返していると、時は止まっているみたい。
実は、本当に眠い。路上に倒れて、そのまま永眠しそう。だな、と思って上がってきた。